• 目的別INDEX
  • 出来るだけ月額料金を安くしたい
  • 普通にスマホを楽しみたい
  • iPhoneを使いたい
  • スマホも一緒に安く買いたい
  • 通話をたくさんしたい
  • 動画や音楽をたくさん楽しみたい
  • 子供やお年寄りが安心して使いたい

スマートフォン関連ブログ

2016年おすすめ格安SIM!月5GB、5分以内かけ放題で月額3,240円

この記事をかんたんに書くと… 2016年を振り返って、1番おすすめする格安SIMは「楽天モバイル」 楽天モバイルの特長は「5分通話し放題」や「スマホの特価販売」 楽天スーパーポインとも貯めたり利用したりすることもでき、契… 続きを読む »

ドコモやソフトバンクのショップで来店予約をして待ち時間を解消!

この記事をかんたんに書くと… ドコモとソフトバンク、auのショップでは、予め来店予約ができる ドコモはdアカウント、auは会員登録が必須。ソフトバンクはとくにアカウントの登録は必要なし 当日来店時、接客中のお客さんが終わ… 続きを読む »

ミスドに行列!ソフトバンクユーザー以外は今月(2016年12月)金曜日は要注意

この記事をかんたんに書くと… 今月の金曜日はミスドの行列に要注意 ソフトバンクユーザーはドーナツが2個無料でもらえるクーポンが配布される クーポンはスマホユーザーのみにメールで配布されるので届かない場合は設定を確認 金曜… 続きを読む »

ソフトバンクの月額1,480円でかけ放題になる「ガラケーのりかえ割」が終了。。。

この記事をかんたんに書くと… ソフトバンクには月額1,480円で通話し放題&端末代コミのプランがある 他社のガラケーからソフトバンクのガラケーにMNPすると適用される「ガラケーのりかえ割」 「ガラケーのりかえ割」は201… 続きを読む »

電話が無料の時代へ!固定電話へ3分、携帯電話へ1分無料でかけられる「LINE Out Free」

この記事をかんたんに書くと… 動画広告を観ることで固定電話や携帯電話に無料で通話がかけられる 国内への通話だけでなく世界への通話も無料になる 有料プランも用意されており、固定電話への通話料は1分2円 LINEって便利です… 続きを読む »

渋滞予測に最適!PC版のGoogle Mapで特定の日時の交通情報を閲覧可能に

自動車でお出かけする際に気になることと言えば、渋滞情報ですよね。 行楽地で楽しむのは良いのですが、なるべく渋滞は避けたいものです。 そこで、なるべく渋滞を避ける方法としては、ネットなどで渋滞予測を見て、混雑する時間帯を避… 続きを読む »

1 2 3 4 5 43

格安SIMについて

docomo、au、SoftBankの大手携帯電話会社でスマートフォンにしようとすると、必ず3,000円~6,000円近いパケット使い放題のプランに加入しなければなりません。大体パケット使い放題でも、月に約7GBの容量を超えると速度制限がかかってくるのですが、家の中ではWi-Fiで利用し、屋外では簡単なネットの閲覧、メールの確認、アプリの利用だけであれば、7GBなんて必要ありません

NTTコムの調査結果によると、月間のデータ通信量で1GB未満しか使っていない人は7割になるそうです!実際に、私も少し超えてはいますが、月間1.25GBしか利用していませんでした。
http://research.nttcoms.com/database/data/001865/

上の「料金内訳」は私がSoftBankを使っていた頃のスマートフォンの請求書です。「通信量が837,489円?!パケットし放題で5,200円に抑えられて良かった~」と思っていましたが、良く見てみると、1.25GBしか利用していません。この使用容量であれば、格安SIMでは月額1,000円で済んでしまいます(^^) もしこのパケットの数字が25,000,000(約2.9GB)よりも少なければ、格安SIMに変更することをおすすめします!電話の基本料金も含めて月額1,980円になります!

現在の筆者の月額料金は、スマホとガラケーの2台持ちで1,837円(税抜)です!
http://www.sim-jozu.net/archives/276

docomo等で通信容量を抑えたパケットのプランにしようとすると、1ヶ月500MBで2,839円1ヶ月3GBで4,700円がかかります。2014年の新料金プランからも1ヶ月2GBで3,500円、1ヶ月5GBで5,000円となっています。auやSoftBankもほとんど同じような料金体制で高めな金額です。

格安スマホとは?

格安SIMとは、docomoやauの電話回線を借りて、携帯電話のサービスを提供する会社(MVNO)のSIMのことです。このSIMをスマートフォンに差し込むことで、屋外でも通信が出来るようになります。これはdocomo等の携帯電話会社でも提供されるSIMと同じものになります。

格安SIMには、「データ通信専用」と、携帯電話と同じように090や080、070が使えるような「音声通話機能付き」の2種類があります。格安SIMではSoftBank同士は電話し放題等のサービスがないので、例えば2台持ちにして音声通話用にSoftBankで980円でホワイトプランだけを利用し、データ通信用に格安SIMを利用してスマートフォンの料金を抑えるといった方法も考えられます。

なぜ格安で利用出来るのかというと、自社で設備投資をする必要がない為、安くサービスを提供出来ることになります。例えば、ある格安SIMのプランは今まで使っていた090や080、070の電話番号も利用出来る基本料金込みで、1ヶ月5GBで月額料金2,220円でスマートフォンが利用出来ます!

また1ヶ月5GBといっても、基本的には通信し放題で、高速通信が5GBで超過すると速度が200kbpsに制限される(IIJmioの場合)というものになります。大手キャリアも同じ仕組みです。

メーカー 基本料金 ネット接続 通信費 超過時 月合計
docomo、au
SoftBank旧プラン
1,000円
(20円/30秒)
300円
(spモード等)
5,700円
(月7GB)
128kb 7,000円
docomo、au
SoftBank新プラン
2,700円
(通話し放題)
300円
(spモード等)
5,000円
(月5GB)
128kb 8,000円
格安SIM
(IIJmio)
2,220円
(20円/30秒)

(月5GB)
200kb 2,220円

格安スマホ・格安SIMのメリットとデメリット

【メリット】
・スマートフォンの月額料金を3,000~4,000円程安くすることが出来る
・今まで使っている090や080、070の番号をそのまま利用出来る(MNPを利用出来る)
・プランによりますが、2年縛り等の制約をせずに契約出来る
・大手キャリア(docomo、au、SoftBank)よりも様々なプランの選択肢がある

【デメリット】
・大手キャリアより、実際の通信速度は落ちる
・自分でSIMを差し込み、設定をしなければならない(実店舗のあるサービスで解消)
・番号持ち運び(MNP)の場合、2~3日使えない期間がある(実店舗のあるサービスで解消)
・同じ会社同士は通話料が無料になる等のサービスがない(2台持ちすることで実現可能)
・支払い方法がクレジットカードのみの会社が多い
・キャリア決済機能が利用出来ない
・キャリア認証が出来ない為、LINEでID検索が使えない

[特典] 格安SIM 設定サポート
スマホ上手から格安SIMをご契約していただきましたら、設定やその他分からない事などがあれば何でも聞いてください。メールで可能な限りお答えさせていただきます。「価格比較一覧表」から、格安SIMのご契約に進んでください。

お問い合わせのページより「購入した格安SIM」「購入日」等をご記入の上、お気軽にお問い合わせください!

次は 格安スマホ 利用の流れ へ