家族分け合いがお得!IIJmioが価格据え置きで高速通信容量増加

投稿:2015年3月10日 更新:2015年3月10日

IIJmioが4月より価格据え置きで高速通信増加

昨年末、MVNO各社は価格据え置きで高速通信の増量で競っていました。

最近は一番安い価格で、月額900円で月に2GBの高速通信あたりが目安になっていました。ところが、ついに「IIJmio」が動き出しました!

4月1日より、以下のように価格据え置きで高速通信の増量が発表されました。

【データ通信専用】
・ミニマムスタートプラン 2GB/900円 → 3GB/900円
・ライトスタートプラン 4GB/1,520円 → 5GB/1,520円
・ファミリーシェアプラン 7GB/2,560円 → 10GB/2,560円

【音声通話機能付き】
・ミニマムスタートプラン 2GB/1,600円 → 3GB/1,600円
・ライトスタートプラン 4GB/2,220円 → 5GB/2,220円
・ファミリーシェアプラン 7GB/3,260円~ → 10GB/3,260円~

ついに月額900円で月に3GBの高速通信になりました!

IIJmioの紹介

IIJmioはdocomoの回線を利用したMVNOの老舗です。
現在では、データ専用プランと音声通話機能付き(ふみふぉん)を展開しています。

高速通信の容量を超過した場合でも、基本は使い放題で、速度が200kbpsに制限されます。200kbpsというと、だいたい1秒間に30kbのダウンロードが可能な速度になります。ですので、メールやLINE等はほとんど変わりなく利用することが可能です。

しかもIIJmioは、DMM mobileと同じような「バースト転送」という機能を提供していますので、速度が200kbpsに制限されてしまっていても、最初の1秒くらいは高速通信になり、ちょっとしたネットの閲覧であれば、制限前と同じようにストレスなく閲覧することが可能となっています。

他にもアプリにより高速通信のON/OFFを切り替えられたり、余ったデータ量も翌月に繰り越せたり、100MB/200円で高速通信の追加も出来ます。

家族で分け合えば、かなりお得に!

IIJmioでは「ファミリーシェアプラン」というプランがあり、最大3枚までの複数のSIMにも対応しています。例えば、データ通信専用プランをSIM2枚にして2人で分け合うとします。初回だけ2,000円のSIM発行手数料がかかりますが、それ以降は月額2,560円で10GBを2人で分け合うことになります。

つまり1人あたり、月額1,280円で5GB利用出来るということになります。ものすごい安い金額ですね。3人で分け合えば、月額853円で3.3GBということになります。この場合には「ミニマムプラン」と、あまり変わりませんね。。。

そうなると4人家族の場合には、「ファミリーシェアプラン」を2契約して、2人ずつ分け合うのがお得なようですね。

もちろん、音声通話機能付きのプランでも複数SIMが可能で、こちらの場合には、1枚SIMを追加する毎に月額700円が追加されます。

例えば、音声通話機能付きのプランをSIM2枚にして2人で分け合うとします。初回だけ2,000円のSIM発行手数料がかかりますが、それ以降は月額3,260円+700円で10GBを2人で分け合うことになります。

つまり1人あたり、月額1,980円で5GB利用出来るということになります。音声通話機能付きで2,000円を切るという価格はかなり安いです。

 

サービス内容が改定され、かなりお得になりましたが、家族などでシェアするとさらにお得になりますね。今後、おそらく他のMVNO各社もこれに追従してくるかと思いますので、どのようになるのか楽しみです。

・IIJmioデータ量の増量のお知らせ(公式サイト)
http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2015/0310.html

 

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.