定番アプリの「ES タスクマネージャー」がbaiduフォルダを生成?!

投稿:2014年11月5日 更新:2014年10月31日

ES タスクマネージャー

1,000万回以上ダウンロードされているAndroidのファイルマネージャー定番のアプリ「ES ファイルマネージャー」ですが、strage/emulated/0にbaiduフォルダを生成しているようです。

最近Xperiaでbaiduフォルダが存在しており、アンインストール出来ず、中国に情報が送られているスパイウェアではないかという疑惑が報じられており、たまたま見てみたところ、私のNexus 7の中にも存在することを発見しました。もう一つのHTCのAndroid端末の中にも同じようにbaiduフォルダが存在しており、ネットで検索してみると、どうやら最近「ES ファイルマネージャー」を更新した際に、このフォルダが作られていることが判明しました。

baiduは中国の有名な会社なのですが、ネットではbaiduへ端末の情報が送られているのではないか、と書かれていますが、真偽のほどは分かりません。ただ、baiduはパソコンのbaidu IMEが入力情報を勝手に収集していたことも問題になっており、あまり良い印象はありません。そもそも「ESファイルマネージャー」との関連性も分かりません(^^; 長年愛用していたのに残念です。。。

というわけで、どちらにせよ気持ちが悪いので、「ES ファイルマネージャー」をアンインストールして、他のファイル管理アプリを入れることにしました。baiduフォルダは「es ファイルマネージャー」をアンインストールしただけでは削除されないので、他のファイル管理アプリを入れた後に起動して、baiduを削除するようにしましょう。

「ES ファイルマネージャー」でbaiduフォルダを削除した時にはエラーが表示されて、削除できなかったのですが、他のファイル管理アプリからだと無事に削除することが出来ました。ちなみにこちらも定番の「ファイルマネージャー」をインストールしました!

・ファイルマネージャー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rhmsoft.fm&hl=ja

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.