家のネットとスマホの「セット割」でどのくらい安いか比較してみました

投稿:2015年2月5日 更新:2016年2月16日

ドコモ光

高速通信でついにdocomoが、家のネットとスマホの料金の「セット割」を発表しました。auやSoftbankも同様のセット割引のサービスがありますが、これを利用することで、どのくらいお得になるのか検証してみました。

まずは、家のネットがフレッツ光だった場合の月額料金は、だいたい以下のようになります。2年割や長期割引を適用した金額になります。

現在、フレッツ光を利用している場合の家のネット料金

インターネットで光を利用している場合には「フレッツ光」が多いかと思います。料金の目安は以下の通りになりますが、東日本より西日本の方が料金は安くなっています。

【フレッツ光(東日本)】※一番安いプロバイダを選択
https://flets.com/

・戸建 月額 約5,200
・マンション等の集合住宅 月額 約3,800

【フレッツ光(西日本)】※一番安いプロバイダを選択
http://flets-w.com/

・戸建 月額 約4,500
・マンション等の集合住宅 月額 約3,500

それでは、この月額料金をふまえて、家のネットも、docomoやau、Softbankに変更して、スマートフォンの料金とのセット割を適用した場合にはいくらになるのか見てみましょう。

 

docomoの「ドコモ光パック」

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/index.html
docomoはドコモ光というサービスを始めました。金額は以下の通りになります。※プロバイダを変更する場合には金額が上がります。

・戸建 月額 約5,200
・マンション等の集合住宅 月額 約4,000

上記の金額が家のネットの月額料金になります。
ここにスマートフォンの料金が追加されると以下の通りになります。

docomoのドコモ光

普通にフレッツ光を単独で利用するよりはお得になります。
ただ、光データSパックは月額 500引きになるのは最初の1年間だけで、1年後からは月額 8,700円になるようなので、全く安くなりません。

データSパックは2GB、データMパックは5GB、データLパックは8GBで、シェアパックは数字がGBの容量になります。

ということで、「データSパック」を利用する以外はお得になります。また、ひとりでの割引よりも、シェアプランでの割引の方が大きくなります。

例えば3人家族で15GBのデータ通信を分け合う場合には、他に月額 2,700円の電話かけ放題のプランに入った場合、一人あたり月に約5GB使えて月額 約6,900円になります。

 

auの「auひかり」「スマートバリュー」

http://www.au.kddi.com/internet/auhikari/

auの家で利用するネットは「auひかり」というサービスを提供しています。

・戸建 月額 5,200
・マンション等の集合住宅 月額 3,800

戸建はdocomoと同じ料金ですが、マンション等の集合住宅が200円ほど安くなっています。これとスマートフォンをセットにすることで、一律月額934円安くなります。また、容量の大きいプランの場合には最大2年間 プラス476円安くなります。

auの場合、1回線毎に割引を適用出来るので、例えば3人家族でそれぞれが5GBのデータ通信(データ定額5)の契約をした場合には、他に月額 2,700円の電話かけ放題のプランに入った場合、一人あたり月に約5GB使えて月額 約7,000円(最初の2年は6,500円)になります。

 

Softbankの「Softbank 光」「スマート値引き」

Softbankの家で利用するネットは「Softbank 光」というサービスを提供しています。

・戸建 月額 5,200
・マンション等の集合住宅 月額 3,800

auと全く同じ料金になりますが、セット割引を利用する際には、「光BBユニット(月額467円)」、「Wi-Fiマルチパック/Wi-Fi地デジパックのいずれか」(それぞれ月額990円)に加入しなければならない為、上記の金額に月額1,457円追加されます。

Softbankの場合も、1回線毎に割引を適用出来るので、例えば3人家族でそれぞれが5GBのデータ通信(データ定額パック・標準)の契約をした場合には、他に月額 2,700円の電話かけ放題のプランに入った場合、一人あたり月に約5GB使えて月額 約7,000円(最初の2年は6,500円)になります。

ただ、先ほど述べた月額1,457円のオプションに入らなければならないので、実際には一人あたり月に約5GB使えて月額 約7,500円(最初の2年は7,000円)になります。

 

格安SIMでのセット割引

格安SIMも、家のネットとセットで契約することで、割引を提供している会社もあります。

【「ocn モバイル one」 月額200円引き】
http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/hikari-mobile/

・戸建 月額 約5,800円
・マンション等の集合住宅 月額 約4,000円

【「U-NEXT」 月額200円引き】
http://bb.unext.co.jp/plan/sfv/

・戸建 月額 約5,000円
・マンション等の集合住宅 月額 約4,000円

U-NEXTは電話が使えるLTE使い放題のプラン(月額2,980円)とのセットで割引があります。例えば、3人家族で、全員電話が使えるLTE使い放題のプラン(月額2,980円)にした場合、一人あたり容量無制限で月額 約2,300円になります。

電話は使い放題ではなく、家族通話も無料にはなりませんが、かなり安い料金かと思います。

 

まとめ

どのキャリアでも大体、通話し放題で7,000円前後になるようです。
しいていえば、auが一番安く、docomoは中間で、オプション料金が必要になってしまうSoftbankが一番高くなります。

格安SIMの場合、家族割引のような通話料金が割引になるプランはありませんので、通話料金を安くしたり、使い放題にしたい場合には、2台持ちにすることで実現可能です。

詳細はこちらの記事で紹介しています。
http://www.sim-jozu.net/archives/819

通話し放題は月額2,200円なので、高速通信が月に2GBであれば月額3,200円、5GBであれば月額3,700円で利用出来るようになります。スマートフォンをもっていない場合には、2年間の分割払いで、月額 プラス1,250円くらいで、スペックの良いスマートフォンを持つことも出来ます。

もし、家族間のみが無料になれば良ければ、Softbankの月額980円のホワイトプランで良いので、高速通信が月に2GBであれば月額2,000円、5GBであれば月額2,500円で利用出来るようになります!

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.