トーンモバイルがお試しレンタルを開始。速度やIP電話なども使って試せる

投稿:2017年11月23日 更新:2017年11月23日

トーンモバイルがお試しレンタルを開始。速度やIP電話なども使って試せる

この記事をかんたんに書くと…

  • 実際にスマートフォンを借りて、IP電話やインターネットのお試しができる
  • 「レンタル機能付きのTカード」と「本人確認書類」でレンタル可能
  • 現在地や過去の位置情報、アプリの利用状況も分かる「見守りサービス」も試せる

「格安SIMって、速度が遅くなると聞くけど。。。」「今まで携帯電話(ガラケー)を使っていたので、スマートフォンが使えるか心配」という方も多いと思います。そんな中、TSUTAYAの格安SIM「トーンモバイル(TONE MOBILE)」は、実際に使って試せる「お試しレンタル」の提供を開始しました。

IP電話やネットを実際に使ってお試しができるので、MNPをしてしまってから「こんなはずではなかった。。。」ということを防ぐことができますね。しかも今なら(2017年11月23日現在)、7泊8日のレンタルが無料です!レンタル料金や通信料などは一切かからないので、安心してお試しができますね。※レンタルは2017年12月上旬から開始

 

「お試し」は全国 TSUTAYA(TONE取扱店)で

トーンモバイルの「お試しレンタル」は、全国のTSUTAYAで利用することができます。ただし、レンタルできるのはTONE取扱い店舗限定になりますので、お近くの店舗が対応しているかどうかを以下の店舗一覧でご確認ください。

・店舗一覧(トーンモバイル公式サイト)
https://tone.ne.jp/store/

 

レンタル機能付きのTカード」と「本人確認書類」があれば、すぐに利用できる状態でスマートフォンを貸し出してくれます。本人確認書類は以下のようなものがあるようです。また、本人確認書類と一緒に住所確認書類も必要になります。

[本人確認書類の例]
 ・健康保険証
 ・学生証(但し、顔写真・氏名・生年月日・学校所在地の印字記載があり、現住所の記載が『手書き』または無いもの)
 ・社員証(但し、顔写真・氏名・生年月日・会社所在地の印字記載があり、現住所の記載が『手書き」または無いもの)
 ・パスポート(有効期限内)
 ・身体障害者手帳(顔写真なし)
 ・精神障害者保健福祉手帳(顔写真なし)
 ・療育手帳(顔写真なし)
 ・官公庁が発行・発給した資格証明書(顔写真・氏名・生年月日の印字記載があり、現住所の記載が無いもの)
 ・生活保護受給証明書

[住所確認書類の例]
 ・公共料金の領収書(3ヶ月以内発行で、現住所・本人の氏名の記載のあるものに限る)
  ※同居のご家族のものでも可能(姓が同一の方に限る)
 ・現住所記載の郵便物の領収書(本人宛のもの。消印または料金後納・料金別納などの記載があるもの)

本人確認の詳細はトーンモバイルの公式サイトでご確認ください。

・レンタルする時の本人確認書類とは何ですか?(トーンモバイル公式サイト)
http://qa-top.tsite.jp/faq/show/6909

 

「お試しレンタル」でできること

それでは「お試しレンタル」で何ができるのでしょうか。
利用可能な機能は以下の通りになります。

・IP電話(合計30分まで)
・データ通信 高速通信(1GB)
・TONEファミリー
・各種アプリ

 

「お試しレンタル」でできること

トーンモバイルでは基本的には、ネットは容量無制限で使い放題で、電話はIP電話での電話で月額1,000円という低料金を実現しています。IP電話はネット回線を使って通話をするため、電波が悪くなると音質が急激に悪くなったり、突然切れてしまったりすることもあります。その為、きちんと通話ができるのかどうか、実際に使ってみたいところですよね。「お試し」ではIP電話を合計30分利用できます。

また、通信容量無制限というのも、通信速度が500~600kbpsの速度になります。この速度は一般の格安SIM(数Mbps)と比べても、少々遅い速度となっています。というのもトーンモバイルでは、ネットをたくさん閲覧したり、動画をたくさん視聴するような一般ユーザーではなく、シニア世代や子どもなどのライトユーザーをターゲットとしているからです。

その為、通信速度を500~600kbpsに限定して、ネット使い放題にしているのですね。
ただ、たまには動画も視聴したい、というようなこともあると思います。その場合にはオプションで高速通信ができる「高速通信チケット(300円/1GB)」を購入することができます。今回の「お試し」では、1GBの高速通信チケットがついているので、通常の状態と高速の状態の両方の通信速度を試すことができますね。

他にもLINEなどの普段使ってみたいアプリを試したり、家族向けの見守りサービスも利用することができます。トーンモバイルは、子どもなどの見守りサービスを利用できることも、特徴の一つになります。見守りサービスに関しては、以下の記事で紹介していますので、ご覧ください。

>> 子供の見守りに最適!スマホのGPSで安心「TONE見守り」開始

 

薬の飲み忘れも防げるシニア世代向けの新機能が追加

薬の飲み忘れも防げるシニア世代向けの新機能が追加

また、トーンモバイルではゲーム感覚で利用できる、「ライフログ」と呼ばれる健康維持アプリが入っています。活動量や歩数、カロリーなどを確認できるアプリですね。その「ライフログ」に12月以降、「お元気ナビ」と「お薬ナビ」の新機能が追加されることになりました。

「お元気ナビ」は1日の歩数や活動量の目標が設定され、目標が達成されたり、評価が高い場合にはTポイントが付与されるといったサービスになります。Tポイントが付与されるなんて、ついつい頑張ってしまいますよね。

さらに「お薬ナビ」では、お薬手帳の情報を登録することで、薬の飲み忘れを防いだり、薬局を予約できたりします。また3日間薬を飲み忘れた時には、家族などの連絡先に通知が届くように設定することも可能となっているようです。より「ライフログ」アプリが便利になっていますね。

他にも遠隔サポートが無料であったり、スマホ初心者やシニア向けのサービスが充実しています。

>> シニアの利用に最適!遠隔サポート付で月額1,000円のかんたんスマホ

 

まとめ

トーンモバイルは、他の格安SIMとは異なり、シニア世代や子どもにターゲットを絞ってサービスを提供しています。その為、普通に利用するには少々割高になってしまいますが、シニア世代や子ども向けのサービスがとても充実しています。遠隔サポートが無料なんて、他の格安SIMではありえないですよね。

子どもに初めてスマホを持たせる場合や、そこまで利用することはないけれどスマホを使ってみたい、というような場合に、まずは「お試しレンタル」でお試しですね!お試しサービスは、全国の対象TSUTAYA店舗で2017年12月上旬から開始です。

>> TONE モバイル の詳細はこちら

この記事の著者

マメデザイン 鳥羽 >> 運営者情報

ガジェットをこよなく愛するWEBディレクター。日々、ガジェットに関する情報やスマートフォンをお得に利用する為の情報を収集しながら、WEB制作をしています。ガラケーとタブレットの2台持ちで、格安SIMはIIJmioを利用。通話し放題・月3GBのプランで、スマホ利用料は合わせて月額2,570円。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です