防水・防塵でフルセグ搭載の10インチタブレット「Huawei MediaPad M3 Lite 10 WP」

投稿:2017年12月10日 更新:2017年12月11日

防水・防塵でフルセグ搭載の10インチタブレット「Huawei MediaPad M3 Lite 10 WP」

この記事をかんたんに書くと…

  • 防水・防塵でフルセグを搭載した10.1インチのタブレット端末
  • サウンドはharman/kardon、4面スピーカー搭載でサラウンド音響効果
  • ペアレンタルコントロール機能も搭載で、子どもの利用も安心

世界でもスマホやタブレットの販売台数がトップ3に入るHuawei(ファーウェイ)から、防水・防塵対応の10インチタブレット「MediaPad M3 Lite 10 WP」が2017年12月8日に発売されました。Huaweiの販売する端末は、とてもコスパが良く、性能が良い割には割安な価格で購入することができるので、人気があります。

私もHuaweiの8インチタブレット「MediaPad M3」を使っていますが、サクサクと動いて、不具合もなくとても快適に使えています。こちらのタブレットは、性能の目安を示すAnTuTu スコアが90000超えにもかかわらず、約33,000円で購入できるのです!

>> MediaPad M3レビュー。コスパ最高の8.4インチタブレット

 

今回、発売された「MediaPad M3 Lite 10 WP」は、さらに「地デジチューナー(フルセグ・ワンセグ)」も搭載している為、お風呂でテレビを観たいというような用途にも向いていますね。ただ地デジチューナーは、私の中では室内ではほとんど役に立たないイメージなので、お風呂でも窓際でないと観られない可能性はあります。

 

10インチタブレット「MediaPad M3 Lite 10 WP」のスペック

10インチタブレット「MediaPad M3 Lite 10 WP」のスペック

「MediaPad M3 Lite 10 WP」はWi-Fiモデルのみとなっています。
その為、基本的には家の中で利用する用途となるかと思います。

スペックとしては、液晶は10.1インチ(1,920×1,200)でOSはAndroid 7.0 Nougat、CPUはKirin659 オクタコアでメモリは3GB、ストレージは32GBでカメラはメインカメラ・インカメラともに800万画素、バッテリの容量は6,660mAhで重量は465g となっています。

MediaPadのLite版ということもあり、私の使っている「MediaPad M3」よりは性能が低くなっており、AnTuTuスコアは60000程度となっています。とはいえ、60000あれば十分ではないでしょうか。

バッテリの容量は6,660mAhということで、公式サイト上では、本体に保存してあるハイビジョンの閲覧で12.8時間、WEBの閲覧で9.3時間、ゲームのプレイで8時間となっています。

 

harman/kardonチューニングで4面スピーカー搭載

harman/kardonチューナーで4面スピーカー搭載

サウンドシステムは、オーディオ業界では有名なHarman Kardonがチューニングを行っており、耳にした音の質を「ゴールデンイヤー」の水準まで高めています。タブレットでは珍しく、スピーカーも4箇所に配置されており、立体サラウンドの音響効果を出しているようです。

また、防水・防塵性能はIP67となっており、有名なところではiPhone 7と同じ性能となっています。IP67とは防水・防塵の等級を表しており、6等級の防塵性能と、7等級の防水性能を持っていることになります。

Huaweiの公式サイトには、水温15度~35度の環境で、水深1mの水の中に沈めるテストを30分行って、耐えられることを確認しているようです。水濡れによる補償はしていませんが、お風呂の中でも大丈夫そうですね。

地デジチューナーを搭載していますが、室内ではあまり期待ができませんので、Wi-Fiでネット上の動画を閲覧したり、動画を本体に保存しての利用が考えられます。その為、ストレージ容量が32GBでは心もとないので、microSD(最大256GB)の利用をおすすめします。

 

子ども用にペアレンタルコントロールも搭載

子ども用にペアレンタルコントロールも搭載

「MediaPad M3 Lite 10 WP」はペアレンタルコントロール機能も搭載しているようで、子ども用のパスワードを設定して、親がタブレットを管理できる機能も備えているようです。

この機能を利用すれば、親がアプリのインストールや使用時間を管理できるので、子どもに安心してタブレットを使わせることができますね。防水機能も搭載しているので、万が一子どもが飲み物をこぼしてしまった時でも安心です。

 

まとめ

これらの機能を備え、市場価格は37,000円(税込み)程度となっています。
国内メーカのタブレットだと、10インチタブレットでこの性能なら、60,000円程度してもおかしくないので、コスパが良いですよね。

家の中で、パソコンの代わりにネットや動画を閲覧したり、キッチンでレシピを見たり、お風呂で動画を楽しんだりする用途に向いているのではないでしょうか。外に持ち出して、地デジを楽しむのも良いですね。

・MediaPad M3 Lite 10 WP (Huawei 公式サイト)
http://consumer.huawei.com/jp/tablets/mediapad-m3-lite-10wp/specs/

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)