ソフトバンクのホワイトプランが終了。代わりのおすすめプランは?

投稿:2018年4月24日 更新:2018年8月2日

 ソフトバンクのホワイトプランが終了。代わりのおすすめプランは?

この記事をかんたんに書くと…

  • 2018年6月27日でソフトバンクの「ホワイトプラン」新規受付が終了
  • 最低限のプランで良いユーザーにとってはマイナス
  • ワイモバイルなら「ホワイトプラン」と同様のプランで月額1,234円~

電話をあまり利用しないユーザーには悲報になります。
残念ながら、ソフトバンクのホワイトプランの新規受付が2018年6月27日(水)で終了することになりました。現在、ホワイトプランを利用しているユーザーは、引き続き利用できますが、ソフトバンクを新規またはMNPで契約する場合には、「スマ放題」または「スマ放題ライト」での契約しかできなくなってしまいます。

 

ホワイトプランならソフトバンク同士通話し放題※

(※21時~1時を除く)
携帯電話は「最低限の通話ができれば良い」という方もいらっしゃると思います。私も以前はそのような使い方でした。その場合、ホワイトプラン(月額934円)+ウェブ使用料(300円)+パケットし放題S for 4G ケータイ(0円~)を利用して、月額1,234円~の月額料金ですんでしまいます。

基本料金ホワイトプラン 月額934円
ウェブ使用料月額300円
データプランパケットし放題S 月額0円~4,200円
合計月額1,234円~5,434円

ホワイトプランなら、ソフトバンク同士は1時~21時は通話し放題ですし、家族間は「家族割」で通話無料ですし、自分から電話をかけることが少ない場合には、これで十分だったりします。

スマホの場合でも、以下のような料金プランになります。

基本料金ホワイトプラン 月額934円
ウェブ使用料月額300円
データプランパケットし放題フラット(7GB) 月額5,700円
合計月額6,934円

スマホの2段階プランだと、すぐに上限に達してしまうので、フラットのプランがおすすめになります。ということで、このようなプランで契約している方も多いのではないでしょうか。通話をそんなに利用しない場合には、これで十分ですよね。

 

ホワイトプランを使っているユーザーにとってはマイナス

ホワイトプランがなくなってしまうことで、「スマ放題」または「スマ放題ライト」の基本プランしかなくなってしまいます。この月額料金は、スマホの場合には「スマ放題(2,700円)」「スマ放題ライト(1,700円)」、ケータイの場合には「スマ放題(2,200円)」「スマ放題ライト(1,200円)」の月額料金になります。

つまり、ケータイで最低限のプランで利用しようと思うと、スマ放題ライト(月額1,200円)+ウェブ使用料(300円)+データ定額S(0円~)で、合計は月額1,500円~ということになります。

基本料金スマ放題ライト 月額1,200円
ウェブ使用料月額300円
データプランパケットし放題S 月額0円~4,200円
合計月額1,500円~5,600円

こちらのプランの場合には、ソフトバンク同士の通話し放題がなくなり、5分以内の通話が無料になります。そんなに変わりませんが、月額300円程、最低料金は上がることになります。

スマホの場合には、以下のような料金プランになります。

基本料金スマ放題ライト 月額1,700円
ウェブ使用料月額300円
データプランデータ定額5GB 月額5,000円
合計月額7,000円

ホワイトプランでの利用と比べると、通信量が2GB減ってしまい、通話もソフトバンク同士は無料ではなく、5分通話し放題になり、ほぼ同額の月額料金になります。

このように、ホワイトプランがなくなってしまうと、損をするユーザーが増えてしまいます。

 

ワイモバイルなら月額1,234円~!

ワイモバイルが実質増量?!機種変更も含め月に2GBで月額2,980円から

(2018年8月2日 追記)
ソフトバンクグループの「ワイモバイル」は2018年9月1日から価格据え置きで高速データ通信の容量も倍増されて、お得になりました!さらに60歳以上のユーザーは、「かんたんスマホ」の契約で国内通話が無料で利用できて、サポートも気軽に通話料無料!

>> 60歳以上は通話無料でワイモバイルが断然お得!容量も価格据置増量

 

ドコモでは、すでに同様のプランは廃止され、今回のソフトバンクのような「カケホーダイプラン」の基本料金しかありません。あと残っているのはauのみになりますが、おそらくソフトバンクに追従して、今後はカケホーダイのプランのみになるでしょうね。。。

それでは、大手キャリア以外で、最低限の料金で済むような良いプランはないでしょうか。検討してみましたので紹介します。

一番良い方法は、ワイモバイル(Y!mobile)になります!
ソフトバンクグループの格安ブランドの「ワイモバイル」なら、ソフトバンクのホワイトプランと同様の「ケータイプランSS」が月額934円で提供されており、ウェブ利用料の月額300円、0円から利用できる「データ定額」を合わせも、合計で月額1,234円から利用できるのです。

>> ワイモバイルの詳細はこちら

基本料金ケータイプランSS 月額934円
ウェブ使用料ベーシックパック 月額300円
データプランデータ定額 月額0円~4,500円
合計月額1,234円~5,734円

「ケータイプランSS」は、ワイモバイルまたはソフトバンクへの通話が1時~21時の間は通話し放題になります。ホワイトプランと同じですね。ただし、ケータイ限定のプランになりますので、残念ながらスマホでは利用できません。

また、ワイモバイルなら、全国にショップがあるのでショップでサポートも受けられますし、通信速度も格安SIMのように遅くなることもないですし、キャリアメールも使えますので、大手キャリアと同じように利用できるのが最大の利点になります。

 

格安SIMなら月額1,140円~

これを機に格安SIMにMNPしてしまうのも一つかと思います。
特に通話もほとんどすることがなく、データ通信もほとんど利用しないような場合には、DMMモバイルであれば、月額1,140円で利用することができます。

>> DMMモバイル の詳細はこちら

 

また格安SIMなら、データ通信料も安いので、ついでにスマホやiPhoneに乗り換えて、便利に活用するのも良いのではないでしょうか。月額2,000円前後くらいですんでしまうので、ケータイを使っていた頃とあまり変わらなかったりします。

>> 月に3GB・90分の無料通話(または10分かけ放題)がコミで月額2,430円

>> 格安SIMで通話を安く利用する為のおすすめ定額プラン

>> 【新登場】月3GB・10分通話定額・スマホ代コミコミで月額2,110円

>> 格安SIMでiPhoneやiPadを使うための方法と流れ

>> 【2017年最新版】格安SIMで通話定額を利用するならどこがオススメ?

 

まとめ

一時期は世間を騒がせた「ホワイトプラン」も、ついに終了してしまうのですね。。。 なんだか寂しいものです。とはいえ、LINEなどで無料通話ができるようになった今では、ケータイやスマホの使い方もかなり変わっているので、「ホワイトプラン」の終了も、時代の流れなのかもしれませんね。

また「ワイモバイル(Y!mobile)」がだいぶ浸透したこともあり、「ホワイトプラン」と同様の「ケータイプランSS」を、ワイモバイルで一本化した可能性もあります。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)