格安SIMは法人契約できる?名義変更(譲渡)やMNP等の手続きの流れ

投稿:2020年2月9日 更新:2020年2月9日

格安SIMは法人契約できる?名義変更(譲渡)やMNP等の手続きの流れ

この記事をかんたんに書くと…

  • スマホの月額料金が安くなる格安SIMは、法人契約は可能なのか
  • MNPをする場合には、変更前と後で名義が同一の必要がある
  • 時間制限なしの通話し放題を利用したい場合にはYmobile!かUQ mobile

簡単にスマホの月額料金を下げられる格安SIMですが、法人契約は可能なのでしょうか。結論から簡単に言いますと、答えは「可能」です。ただ、格安SIMによって、法人契約はNGなところもあったり、オプション内容が異なる場合があるので注意が必要です。

その他にも、個人契約している電話番号を、法人契約でMNPができるのか、といったところも気になりますよね。今回は法人契約が可能な、主要な格安SIMを紹介するとともに、MNPをする際の注意点なども紹介します。

 

法人契約が可能な格安SIM

まずは主要な格安SIMの、法人契約の可否は以下のようになっています。
(2020年2月7日 現在)

格安SIM可否備考
OCN モバイル ONE音声SIMのみ データ通信は要お問い合わせ
IIJmio×個人契約のみ
Y!mobile時間制限なしの通話し放題あり
BIGLOBEモバイル個人契約より割高
mineo個人契約とほぼ同一
NifMo10分通話し放題等のオプションはなし

このように、主要な格安SIMでは、法人契約もできるようになっているところが多いですが、法人契約の場合には、月額料金が割高になっていたり、「10分通話し放題」などの通話定額オプションがなかったりする格安SIMもあるので、契約をする際にはよく確認をしてから契約するようにしましょう。

例えば、OCN モバイル ONEでは、法人契約の場合、音声SIMは通常通り契約できるのですが、データ通信SIMに関しては要お問い合わせになっています。またmineoでは、個人契約の場合には通話定額が10分通話し放題なのですが、法人契約では5分通話し放題になります。

 

個人契約の電話番号を法人契約でMNPする場合

個人契約をしている電話番号を、法人契約でもそのまま使いたい場合(MNP)には注意が必要です。基本的にMNPをする場合には、現在契約している名義と、MNPをして新しく契約する際の名義が、同一である必要があります。

その為、個人名義で契約している電話番号を、法人名義で契約して引きつぐ場合には、現在契約しているキャリアで、予め名義変更(譲渡)をする必要があります。つまり、個人名義で契約している電話番号を、法人に譲渡するということですね。

その為、万が一会社を辞めて、また個人で電話番号を使いたい場合にも、法人から個人に電話番号を譲渡する、という手続きをすることで、今まで通り、個人名義で電話番号を使えるようにすることも可能です。

 

時間制限なしの通話し放題を利用したい場合

ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアでは、5分通話し放題か、時間制限なしの通話し放題が一般的です。ところが、ほとんどの格安SIMでは、10分通話し放題のオプションはあるのですが、時間制限なしの通話し放題は選択できないのです。

つまり、短い通話をかけることが多い場合には、格安SIMにすることでスマホの月額料金が断然安くなるのですが、長い通話をかけることが多い場合には、格安SIMにしても安くならないか、逆に高くなってしまうことがあるのです。

その為、長い通話をかけることが多い場合には、時間制限なしの通話し放題が選択できる「Y!mobile」か「UQ mobile」のどちらかの格安SIMしか選択肢はありません。Y!mobileはソフトバンクの格安SIM、UQ mobileはauの格安SIMとなっており、他の格安SIMに比べると若干、月額料金が割高になっています。

例えばY!mobileの月額料金は以下の通り。

プラン通信容量月額料金
スマホプランS3GB月額2,680円
スマホプランM9GB月額3,680円
スマホプランL14GB月額4,680円

 

Y!mobileでは、10分通話し放題はオプションではなく、必ずセットになっています。比較してみると、他の格安SIMと比べると、若干月額料金が割高になっています。ただ、法人契約割引により、2回線目以降は700円引きになる為、法人のように複数回線の契約が多い場合には、むしろお得になる可能性もあります。

注意点としては、10分超過後の通話量は、他の格安SIMの場合、通常の通話料金の半額(10円/30秒)でかけられるのですが、Y!mobileやUQ mobileでは、半額にはならずに通常の通話料金(20円/30秒)が発生します。

また、上記の金額に+1,000円追加することで、時間制限なしの通話し放題にすることができるのです。つまり、3GBプランなら月額3,680円、9GBプランなら4,680円、14GBプランなら月額5,680円で完全通話し放題になります。ドコモなどの大手キャリアと比べても、かなりお得ですよね。

このように、時間制限なしの通話し放題を利用したい場合には、Y!mobileまたはUQ mobileを選択するようにしましょう。

>> Y!mobile(法人向け) の詳細はこちら

>> UQ mobile(法人向け)の詳細はこちら

 

格安SIMの月額料金目安

時間制限なしの通話し放題を利用しなくても良い場合には、その他の格安SIMがお得です。SIMの種類も、音声通話SIMだけでなく、データ通信専用SIMも選択できます。データ通信専用SIMは、タブレットなどに直接差し込んで利用したり、テザリングでパソコンをネットにつなげられるようになります。

格安SIMの月額料金の目安として、mineoの法人向け月額料金を紹介します。
(基本的には個人向けの料金と変わりません)

プランデータ通信のみ音声通話対応10分定額含む
500MB700円1,400円2,200円
3GB900円1,600円2,400円
6GB1,580円2,280円3,080円
10GB2,520円3,220円4,020円
20GB3,980円4,680円5,480円
30GB5,900円6,600円7,400円

 

まとめ

このように、主要な格安SIMでは、法人契約は出来るようになっています。ただ、MNPをする場合には、名義が同一でないとMNPできませんので、必ず予め名義を変更(譲渡)しておきましょう。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)