AnTuTuベンチマークの代わりにPCMark for Androidを試してみました

投稿:2022年4月3日 更新:2022年4月9日
ブログランキング・にほんブログ村へ

AnTuTuベンチマークの代わりにPCMark for Androidを試してみました

この記事をかんたんに書くと…

  • 「PCMark」は、パソコンでも有名なベンチマークアプリ
  • CPUの処理能力やWebの閲覧など、日常の生活における性能のテストができる
  • バッテリの持ち時間も計測できて、他のスマホのランキングと比較可能

スマートフォンのベンチマークとして使われてきた「AnTuTuベンチマーク」が、2020年頃にGoogle Playから消えてしまいました。理由としては、Googleの広告ポリシーに違反していたことが原因らしいのですが、詳細は不明のまま2年が経過しました。

野良アプリとして「AnTuTuベンチマーク」の公式サイトから直接インストールすることは可能なのですが、やはり野良を使うのは怖いですよね。。。そこで、そろそろ「AnTuTuベンチマーク」の代替になるベンチマークアプリを試してみよう、ということでパソコンのベンチマークでお馴染みの「PCMark for Android」で、手持ちのスマホを計測してみました!

今回は、「PCMark for Android」のWork 3.0 performance のスコアになります。
「AnTuTuベンチマーク」のスコアと比較してみると。。。

 

「Huawei Media Pad 8.0」のスコアは5527

ひと昔前(2016年12月発売)のAndroidタブレット「Huawei Media Pad 8.0」のWork 3.0 performanceスコアは5527でした。AnTuTuベンチマーク Ver 6のスコアは92795になります。Android のバージョンは7、CPUはHisilicon Kirin 930(オクタコア)、メモリは2GBになります。

>> MediaPad M3レビュー。コスパ最高の8.4インチタブレット

「Huawei Media Pad」のWork 3.0 performanceスコアは5527

 

「ASUS ZenFone 5」のスコアは6534

2018年5月に発売されたAndroidスマホ「ASUS ZenFone 5」のWork 3.0 performanceスコアは6534でした。AnTuTuベンチマーク Ver 7.1.3のスコアは140237になります。Android のバージョンは9、CPUはsnapdragon 636(オクタコア)、メモリは6GBになります。

>> ASUS ZenFone 5 レビュー。DSDS対応でカメラも高性能な6.2インチ AIスマホ

2018年5月に発売されたAndroidスマホ「ASUS ZenFone 5」のWork 3.0 performanceスコアは6534でした。

 

「AQUOS sense3 lite」のスコアは5001

2019年10月に発売されたAndroidスマホ「AQUOS sense3 lite」のWork 3.0 performanceスコアは5001でした。AnTuTuベンチマーク Ver 8.4.3のスコアは114546になります。Android のバージョンは11、CPUはsnapdragon 630(オクタコア)、メモリは4GBになります。

>> AQUOS sense3 lite レビュー。楽天モバイル UN-LIMITで実質2,980円!

2019年10月に発売されたAndroidスマホ「AQUOS sense3 lite」のWork 3.0 performanceスコアは5001でした。

 

「OPPO A5 2020」のスコアは6521

2019年11月に発売されたAndroidスマホ「OPPO A5 2020」のWork 3.0 performanceスコアは6521でした。AnTuTuベンチマーク Ver 8.3.1のスコアは171602になります。Android のバージョンは10、CPUはsnapdragon 665(オクタコア)、メモリは4GBになります。

>> OPPO A5 2020 レビュー。カメラ性能が重視されたコスパの良いスマホ

2019年11月に発売されたAndroidスマホ「OPPO A5 2020」のWork 3.0 performanceスコアは6521でした。

 

「FCNT arrows We」のスコアは7040

2021年12月に発売されたAndroidスマホ「FCNT arrows We」のWork 3.0 performanceスコアは7040でした。AnTuTuベンチマーク Ver 9.3.1のスコアは282259になります。Android のバージョンは11、CPUはsnapdragon 480 5G(オクタコア)、メモリは4GBになります。

>> arrows We(FCG01)レビュー。防水・防塵でコスパの良い5Gスマホ

2021年12月に発売されたAndroidスマホ「FCNT arrows We」のWork 3.0 performanceスコアは7040でした。

 

「PCMark for Android」と「AnTuTu ベンチマーク」の比較

「PCMark for Android」と「AnTuTu ベンチマーク」のスコアを比較してみましょう。
※「1スコアあたり」の数値はAnTuTu ベンチマークスコアをPCMarkのスコアで割った数になります。(PCMarkのスコア1に対する、AnTuTuベンチマークスコアの数値)

機種PCMarkAnTuTu1スコアあたり
Huawei Media Pad 8.0552792795(v6)16.789
ASUS ZenFone 56534140237(v7)21.462
AQUOS sense3 lite5001114546(v8)22.904
OPPO A5 20206521171602(v8)26.315
FCNT arrows We7040282259(v9)40.093

このように比較してみると、「AnTuTu ベンチマーク」のバージョンが上がるごとに、1スコアあたりの数値が大きくなっていることが分かります。実際、「AnTuTu ベンチマーク」のバージョンが上がると、スコアが20%くらい増えたりするので、過去の機種との比較がし辛くなっているのが現状です。

例えば「Huawei Media Pad 8.0」も「AnTuTu ベンチマーク」のバージョン9でスコアを計測してみると、221131くらいのスコアが出るのではないか、ということになります。※もちろん、ベンチマークアプリによって、計測方法などが変わるので、一概にスコアの違いが出るわけではありません。

実際、ASUS ZenFone 5とarrows Weは、「AnTuTu ベンチマーク」のスコアでは倍くらいの違いが出ていますが、操作をしている上では、ほとんど違いは分からないくらいです。各スマホの操作感やアプリのもたつき具合は、PCMarkのスコアが的を得ている数値になっています。

 

他のスマホのスコアを閲覧可能

また「PCMark for Android」のアプリでは、「Best devices」ということで、他のスマホのスコアランキングを見ることが出来ます。「PCMark for Android」では、バッテリの実際の持ち時間を計測できるのも良いですね。以下のスコアから考慮すると、iPhone 13を「PCMark for Android」で計測したとすると、スコアは17500くらいかもしれませんね。

また「PCMark for Android」のアプリでは、「Best devices」ということで、他のスマホのスコアランキングを見ることが出来ます。

 

 

まとめ

「PCMark for Android」は、電池の持ち時間も計測できて、なかなか良さそうです。今後、スマホのレビューを書く際には、「PCMark for Android」を使っていこうと思います。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)