iCloudやiCloud Driveアプリはどこ?iPhoneからアクセスする手順

投稿:2022年7月30日 更新:2022年7月30日
ブログランキング・にほんブログ村へ

iCloudやiCloud Driveアプリはどこ?iPhoneからアクセスする手順

この記事をかんたんに書くと…

  • iPhoneやiPad用のiCloudやiCloud Driveのアプリはない(使えない)
  • ホーム画面にiCloudアイコンを追加して、簡単にアクセスできる
  • 「ファイル」アプリからiCloud Driveのファイルを管理できる

iCloud(アイクラウド)を使えば、iPhoneやiPadの写真や連絡帳などのデータを、クラウド上にバックアップをすることができます。バックアップを取っておけば、万が一、故障してしまったり紛失してしまっても、データを復元することが出来るので安心ですね。

ただ、iCloudのアプリはありません。iCloudに保存されたデータや写真を確認しようと思って、App StoreでiCloudを検索しても「iCloud および iCloudのドライブ用ガイド」というアプリが表示されますが、こちらはApple公式のiCloudアプリではありません。

iCloud DriveアプリはApp Storeに存在するのですが、インストールはできません。

iCloud DriveアプリはApp Storeに存在するのですが、インストールはできません。

 

そこで、今回はiCloudをアプリのようにホーム画面に追加して、iCloudに保存された写真などのデータを、簡単に見ることができるようにする方法を紹介します。

 

ホーム画面にiCloudを表示する手順

まずは、インターネットを閲覧するアプリ「Safari」を開きます。

まずは、インターネットを閲覧するアプリ「Safari」を開きます。

 

アドレスバーに「icloud.com」と入力するか、以下のリンクからiCloud.comにアクセスします。Apple IDとパスワードを入力してログインをするか、Touch ID(指紋認証)やFace ID(顔認証)でログインをしましょう。

・iCloud.com
https://www.icloud.com/

アドレスバーに「icloud.com」と入力するか、以下のリンクからiCloud.comにアクセスします。

 

iCloudにログインが出来たら、画面右上にある「共有」ボタンをタップして、その中の「ホーム画面に追加」をタップします。

iCloudにログインが出来たら、画面右上にある「共有」ボタンをタップして、その中の「ホーム画面に追加」をタップします。

 

追加」をタップすると、iCloudがホーム画面に追加されます。

「追加」をタップすると、iCloudがホーム画面に追加されます。

 

これでiCloudがアプリのようにホーム画面に表示され、簡単に「写真」や「iCloud Drive」にアクセス出来るようになりました。

これでiCloudがアプリのようにホーム画面に表示され、簡単に「写真」や「iCloud Drive」にアクセス出来るようになりました。

 

iPhoneやiPadからiCloudのバックアップ設定

iPhoneやiPadで、iCloudの設定をするには「設定」アプリからおこないます。まずは設定アプリを開きましょう。

iPhoneやiPadで、iCloudの設定をするには「設定」アプリからおこないます。まずは設定アプリを開きましょう。

 

設定画面の一番上にある、「アカウント名(Aapple ID、iCloud、メディアと購入)」をタップして、「iCloud」をタップします。これで、iCloudにバックアップするアプリを設定できます。

設定画面の一番上にある、「アカウント名(Aapple ID、iCloud、メディアと購入)」をタップして、「iCloud」をタップします。これで、iCloudにバックアップするアプリを設定できます。

 

iPhoneやiPadからiCloud Driveのファイルを管理

iCloud Driveには、先ほどホームに追加したiCloudからアクセスできますが、もともとインストールされている「ファイル」アプリからもアクセスして、iCloud Driveのファイルの管理ができます。「ファイル」アプリをタップします。

iCloud Driveには、先ほどホームに追加したiCloudからアクセスできますが、もともとインストールされている「ファイル」アプリからもアクセスして、iCloud Driveのファイルの管理ができます。ファイルアプリをタップします。

 

左メニューの「iCloud Drive」をタップすると、「iCloud Drive」に保存されているファイルにアクセスできます。

左メニューの「iCloud Drive」をタップすると、「iCloud Drive」に保存されているファイルにアクセスできます。

 

まとめ

iCloud Driveを活用すれば、Windowsなどの異なるデバイスと簡単にファイル共有が出来るようになります。積極的に利用していきましょう。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)