docomo、au、SoftBankと格安SIMの月額料金比較

投稿:2014年6月26日 更新:2017年12月19日

昨日auが通話し放題のプラン「カケホとデジラ」を発表したことにより、携帯大手キャリア3社(docomo、au、SoftBank)の通話し放題のプランが全て出そろいました。料金は大体どこも同じ設定になっていますが、auは少し細かい設定が出来るようです。基本的に通話し放題の2,700円とネット接続料の300円が基本料金で、そこに月のデータパックの容量により値段が変わってくるという感じになります。

通話料が無料になって、どこに通話するのも無料になるのは良いのですが、電話をあまりかけない人は、月額料金が逆に高くなってしまいます。そうなると、余計に格安SIMの利用価値が上がってくるというものです。以下は基本料金をプラスした、各プランの月額料金比較(目安)です。

メーカー1GB2GB3GB5GB8GB
docomo7,020円7,020円8,640円8,640円13,500円
au7,020円7,020円7,776円8,640円10,584円
SoftBank7,020円7,020円8,640円8,640円13,500円
日本通信
(格安SIM)
3,368円3,368円3,368円8,168円15,368円
U-mobile
(格安SIM)
2,138円2,138円2,138円3,866円6,458円
2台持ち(格安SIM)
OCNモバイルONE
+Softbank
2,196円2,574円3,654円5,814円9,054円

※価格は全て税込(8%)です。
※格安SIMは基本128kbpsまたは200kbpsでデータ通信し放題です。
※格安SIMの通話料は20円/30秒(税抜)です。
※docomo、au、Softbankはどこにかけても通話し放題です。
※「2台持ち」はOCNモバイルONEのデータ通信とSoftbankの音声のみプランです。

上記を見ると分かるように、高速データ通信が3GBまでの利用であれば、格安SIMの方が断然お得になっています。私も格安SIMを使っていますが、「動画をそんなに見ない」、「アプリの更新をWi-Fiで行うようにする」という使い方であれば、月2GBもあれば十分です。

逆に動画をたくさんみたり、アプリの更新もどこでも行いたい等、データ通信をたくさん使うような方であれば、docomoやau、SoftBankのような大手キャリアを利用した方がお得になります。

音声通話も格安SIMの場合、基本は20円/30秒(税抜)ですが、「楽天でんわ」等のような、通話料が半額になるサービスを利用すれば、10円/30秒(税抜)で利用することが出来るようになります。そうなると、200分で4,000円くらいになりますので、それくらい通話するような用途であれば、格安SIMではない方が良さそうです。

ここで、上記の「2台持ち」プランを出したのには理由があります。データ通信用として、スマートフォンは格安SIMで、音声通話用にSoftBankのホワイトプランを利用して2台持ちします。こうすることで、家族間の通話は無料等の家族割引や、同一キャリアは通話し放題等のサービスを利用しつつ、格安SIMで通信を安く利用するという方法です。2台持つという手間はありますが、かなり効果的です。バッテリの持続時間の向上にも貢献します(^^)

今ではLINE等のアプリでも無料通話は出来るので、そんなに通話するような方は多くはないかと思いますので、格安SIMの方がお得になる方はたくさんいるかと思います。用途によって、最適なプランを選びましょう!

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)