格安SIMの実効速度(時間別)まとめ

投稿:2015年5月13日 更新:2016年2月16日

格安SIMの実効速度(時間別)まとめ

格安SIMはもちろんですが、docomoやau、SoftBank等も、ネットで公表されている速度と実際に出る速度はかけはなれています。これは規格上、仕方のないことなのですが、それでは実際にはどのくらいの速度が出るのでしょうか。下りの速度のみ、ネットの情報をまとめてみました。

会社実行速度
docomo22.5Mbps17.5Mbps17Mbps
au15Mbps24Mbps19Mbps
SoftBank24.5Mbps22Mbps17.5Mbps
IIJmio15.5Mbps1Mbps6Mbps
OCN モバイル ONE15Mbps1Mbps1.5Mbps
DMM mobile22Mbps2Mbps4.5Mbps
楽天モバイル9.5Mbps3Mbps7.5Mbps
U-mobile4.5Mbps0.8Mbps2Mbps
BIGLOBE LTE・3G20Mbps0.4Mbps1.5Mbps
NifMo14.5Mbps3.5Mbps5Mbps
b-mobile13Mbps1.5Mbps3.5Mbps
mineo8Mbps2Mbps4Mbps

 

Ookla Speedtestの首都圏における、数値をまとめてみました。
このようにしてまとめてみると、NifMo、楽天モバイル、DMM mobileが比較的安定して速度が出るようです。

ただ、この3社は、格安SIMへの参入が遅かったので、単純にユーザー数が少ないために、速度が出ている気がします。今後、ユーザー数が増えた時の対応が重要になってくるのではないでしょうか。

また、あくまでも、こちらの数値は参考程度のものになりますので、実際の速度は地域や時間帯により、大幅に異なってきます。また、ユーザー数や、設備の増強など、日々変化していますので、速度が改善されていたり、逆に遅くなっていたり、変わっている可能性があります。

これらの数値をふまえて、容量や月額料金も含め、総合的に格安SIMを検討してみるのも良いのではないでしょうか。
https://www.sim-jozu.net/sim#price

この記事の著者

マメデザイン 鳥羽 >> 運営者情報

ガジェットをこよなく愛するWEBディレクター。日々、ガジェットに関する情報やスマートフォンをお得に利用する為の情報を収集しながら、WEB制作をしています。ガラケーとタブレットの2台持ちで、格安SIMはIIJmioを利用。通話し放題・月3GBのプランで、スマホ利用料は合わせて月額2,570円。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)