IIJmioでも即日開通。さらにセキュリティ等のオプションサービス充実

投稿:2015年9月13日 更新:2017年6月1日

IIJmioでも即日開通。さらにセキュリティ等のオプションサービス充実

格安SIMにMNP(今まで使っている電話番号をそのまま利用出来るようにする仕組み)する場合、普通は申し込みをして手続きが開始されてから、格安SIMが届くまでの数日間、スマートフォンが利用出来なくなってしまう期間が発生します。

今までは、実店舗のある格安SIMの場合、即日切替が可能でした。
唯一、auの格安SIMを扱っている「mineo」が、SIMが届いてから自分で変更手続きをすることで、当日に切替が出来る「即日開通」を取り入れています。先日、「mineo」がdocomoのSIMの取り扱いを始めて、docomoの格安SIMでも初めて、ネットの申し込みでも即日開通が始まりました。

そして、それに追従するように「BIGLOBE SIM」も同じく「即日開通」を始めました。
今回、さらに「IIJmio」も、2015年9月16日から「即日開通」が可能になる「おうちでナンバーポータビリティ」が発表されました。IIJmioでは、現在は実店舗で扱っている「BIC SIM(ビックカメラ)」では、即日開通が可能だったのですが、これによりネットでの申し込みも可能になりました。

 

セキュリティやバックアップなどの有料オプションサービスも開始

さらに、IIJmioでは有料オプションによるサービスの提供を同日の9月16日から始めます。

ウィルス等からスマホを守る「セキュリティをアプリ(250円/月)」、有害なWEBサイトをブロックする為の「フィルタリングアプリ(360円/月)」、迷惑電話や営業電話を自動で着信拒否出来る「迷惑電話防止アプリ(300円/月)」や、スマホの故障時や紛失時でもデータが残る容量無制限の「クラウド型アックアップアプリ(500円/月)」、SNSやオンラインサービスの個人情報の連携をチェック・遮断を出来る「連携管理アプリ(350円/月)」など、様々なアプリの提供が開始されます。(価格は税抜き)

もちろん、使いたいユーザーだけが利用すれば良いサービスなので、必要がない場合には、全く関係がありません。何か、無料のサービスの提供も開始して欲しいですね。また、上記のアプリは当面は主にAndroid端末のみのアプリの提供しかないようなので、iPhoneではオプションサービスが利用出来ないので注意が必要です。

>> 家族分け合いがお得!IIJmioが価格据え置きで高速通信容量増加

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)