Outlook 2010が常に最大化。セーフモードの解除方法

投稿:2015年12月17日 更新:2015年12月17日

Outlook 2010が常に最大化。セーフモードの解除方法

仕事で使っているWindows 7のパソコンで、メールソフトの「Outlook 2010」を起動すると、常に最大化した状態で開き、さらに「Outlook を既定の電子メール、連絡先、予定表のプログラムにする」というようなメッセージが表示され、「毎回確認する」のチェックをはずして、「いいえ」をクリックしても、次回起動時には再度表示されるという、大変迷惑な現象が発生しました(><)

よく見てみると、上のバーのMicrosoft Outlookの文字の横に「セーフモード」などと書かれています。早速、調べてみると、どうやら2015年12月分のWindows アップデートで、不具合が発生しているようですね。

 

更新プログラムを削除することで無事に解決

修正する方法は以下になります。

1. 画面左下にあるWindows のロゴマーク(スタートメニュー)をクリック

2. 「コントロールパネル」 → 「Windows Update」をクリック

3. Windows Updateの画面が表示されたら、画面左下の「インストールされた更新プログラム」をクリック

4. アルファベット順に並んでいるので、「U」の近辺までスクロールし、「Update for Microsoft Outlook 2010 (KB3114409) 32-Bit Edition」を探します。
同一の名称がたくさんあり、数字だけが異なるものもありますので「KB3114409」を探します。

5. 該当の項目を見つけたら、文字の上で右クリックし、「アンインストール」をクリックします。

6. パソコンを再起動して無事に解決したことを確認しましょう。

 

たまに、Windows アップデートで、こういった不具合が発生するので困りますよね(^^;
特に、Outlookなどのメールソフトは、仕事では毎日使うものなので、最大化しないようにしても最大化してしまったり、既定にしたくないのにアラートが毎回表示されたりするのは、かなりストレスがたまりますよね。。。

また何かあった時には、投稿したいと思います!

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です