月額0円で始められるSo-netの格安SIM。それはまるで零式。。。

投稿:2016年1月27日 更新:2016年2月16日

月額0円で始められるSo-netの格安SIM。それはまるで零式。。。

0SIM(ゼロシム)
それはまるで、零式みたいですね(笑)
すみません、単純に語呂が似ているというだけで。。。

それは良いとして、「0SIM」とは格安SIMの会社のSo-net(ソネット)が、昨日(2016年1月16日)から提供を開始した0円で始められる、格安SIMのプランになります。“0円” というと語弊がありますね。月額が0円からということで、初期費用の3,000円(税抜)は発生します。

・0SIM (So-net公式サイト)
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/

 

500MBまでは無料。最大5GBまでで1,600円

「0SIM」料金イメージ

こちらのプランは500MBまでは、なんと月額料金が無料になっています。
500MBを超えると、100MBにつき100円が発生します。
2GBを超えると、5GBまでは月額1,600円で定額になります。

最近の相場は3GBで月額900円ですので、2GBで1,600円と考えると割高ですね。ただ、1GB未満だと月額500円になります!最安値のDMM mobileは1GBで月額590円ですので、この金額よりも安いことになります。つまり、月に1GBも利用しない人は、このプランはお得ですね。ラインやメール、ちょっとした地図やWEBサイトの閲覧がメインの使い方になると思います。

または、サブ機用のSIMにするのも良さそうですね!
それでも、通信はしっかりと制御したり、Wi-Fiを併用しないと怖いですね。いつの間に2GBに達していたりすることもあるかもしれません(^^;

 

先月「デジモノステーション」に付属したSIMと同等品

この「0SIM」は、先月、人気過ぎて売れ切れ続出した「デジモノステーション2016年2月号」に付属していた、「SIM スペシャルスターターパック」と同じようです。

・デジモノステーション2016年2月号の500MBまで無料の格安SIMが大人気
https://www.sim-jozu.net/archives/2394

一つ異なる点としては、デジモノステーションに付属していたSIMは、雑誌の料金620円で使うことが出来ますが、今回の「0SIM」は、初期費用の3,000円が発生するということです。このように正式にサービスを開始するということは、突然、「0円は終了します」ということはなさそうですね。

(2016年2月16日 追記)
・早速、月額0円で使える0SIM(ゼロシム)を申込み!手数料などの注意点は?
https://www.sim-jozu.net/archives/2514

・1GB未満での利用やサブとして大変重宝するSo-net 0SIMのレビュー
https://www.sim-jozu.net/archives/2547

 

まとめ

・初期費用は3,000円
・500MBまでは無料。最大5GBまでで1,600円
・1GB程度しか使わない人には良さそうなプラン

 

あと、月額0円というのは、データ通信専用プランの料金で、通話も使えるようにする場合には月額+700円になります。ショートメールだけを使えるようにする場合には、月額+150円になります。

また3ヶ月間、利用がない場合には、自動的に解約になるようです。そして、音声通話付きプランの場合は、1年以内の解約で違約金5,200円が発生するので、注意が必要です。

もちろん、回線はdocomoのものが使われていますので、品質やエリアは他の格安SIMと同じです。私もサブ機に使ってみようかな。。。(^^)

・0SIM (So-net公式サイト)
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA