LINEやメールなどでアドレスが長すぎて正常に送信できない時に便利な「URL短縮サービス」

投稿:2016年2月15日 更新:2016年2月15日

LINEやメールなどでアドレスが長すぎて正常に送信できない時に便利な「URL短縮サービス」

LINEやメールなどで地図や特定のホームページのアドレス(URL)を送りたい時に、長すぎて正常に送られなかったりしたことはありませんか?アドレスが長すぎると、途中で改行されたりしてしまって、クリックしても目的のページが表示されなかったりします。

そんな時、アドレスを短くするサービス(URL短縮サービス)が便利です!

 

アドレスを短くしてくれるGoogleのサービス「Google URL Shortener」

Google URL Shortener

・Google URL Shortener
https://goo.gl/

 

1. まずは「Paste your long URL here:」のボックスに長いアドレスを貼り付けます。

2. 次に「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

3. 最後に「Shorten URL」をクリックして完了です。

 

例えば「東京駅」の地図を送りたい時。
以下のような長いアドレスも短くしてくれます。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%A7%85/@35.681382,139.7638953,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x60188bfbd89f700b:0x597fc5e5ce5015ba

   ↓

https://goo.gl/h0gEDu

 

LINEでアドレスを送る時なども、短くなってスッキリと送れますよね!

 

クリック回数などのアクセス解析を見ることも可能

「Google URL Shortener」では、短縮されたURLをクリックされた回数や、クリックしたユーザーのブラウザ、OS、国などの情報を取得することもできます。方法は簡単で、Googleにログインした状態で「Google URL Shortener」を使うだけです。

このアクセス解析のサービスは、メルマガなどでとても重宝しそうですね。
メルマガのアドレスをスッキリと短くでき、さらにどのくらいクリックされたかをしることもできるので、一石二鳥です(^^) このように「URL短縮サービス」を上手に利用しましょう!

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です