iPhone 5s 16GBが実質0円!月額料金も割安なY!mobileがオススメな理由

投稿:2016年3月8日 更新:2017年5月30日

iPhone 5s 16GBが実質0円!月額料金も割安なY!mobileがオススメな理由

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone 5sの販売が開始されました。
しかも今なら、乗り換え(MNP)または学生の場合、1年間毎月1,000円引きになります!そうすると、年間12,000円割引になるので、スマホプランMとスマホプランLの場合、iPhone 5s 16GBは実質0円ですね!
(SoftBankからのMNPは対象外になります。)

>> Y!mobileの詳細 はこちら

 

iPhoneの料金プラン

乗り換え(MNP)または学生の場合のiPhone 5sの料金プランは以下のとおりになっています。
新規または機種変更の場合には、1年目の1,080円の割引がないので、1年目から2年目の料金になります。
(料金は税込です。)

iPhone 5s 16GB

利用期間 1年目 2年目 3年目以降 iPhone実質料金
スマホプランS(1GB) 3,218円 4,298円 3,218円 25,920円
スマホプランM(3GB) 3,758円 4,838円 4,298円 12,960円
スマホプランL(7GB) 5,486円 6,566円 6,458円 2,592円

 

iPhone 5s 32GB

利用期間 1年目 2年目 3年目以降 iPhone実質料金
スマホプランS(1GB) 3,488円 4,568円 3,218円 32,400円
スマホプランM(3GB) 4.028円 5,108円 4,298円 19,440円
スマホプランL(7GB) 5,486円 6,566円 6,458円 2,592円

 

スマホプランLの場合、16GBと32GBでは料金が同じになっていますね。
スマホプランが高い料金プランの方が、iPhoneの割引率が多くなっています。2年目までは、スマホプランS(1GB)とスマホプランM(3GB)の差が600円程度ということを考えると、スマホプランM(3GB)にした方がお得だと思います。

しかも今なら、乗り換え(MNP)または学生の場合、2年間データ容量が2倍になります!
つまり、スマホプランSは2GBに、スマホプランMは6GBに、スマホプランLは14GBです。 かなりの優遇ですよね。14GBも必要ないので、スマホプランMで十分だと思います(^^)

 

docomoなどのキャリアとの月額料金比較

docomoやauなどのキャリアの場合、5分以内の通話が無料になるプランで、月に1GBの通信プランの場合、月額5,000円程になります。Y!mobileの場合、10分以内の通話が300回無料で、月に1GBの通信プランの場合月額3,200円程ですので、月額1,800円ほど安いですね(^^)

通話し放題で5GBプランの場合、月額8,500円程です。Y!mobileの場合、通話し放題で7GBのプランの場合、月額7,500円程になりますので、月額1,000円ほど安いということになります。どちらにしても安くなります。

 

Androidスマホも安く購入

iPhone ではなくても、SHARPのAQUOSもiPhone 5s 16GBと同じくらいの料金プランで購入出来ます。DIGNO Sであれば、実質0円で購入できます。乗り換えであれば、1年間はさらに1,o8o円引きになるので、月額2,138円で利用できてしまいます。

 

そもそもY!mobileとは?

Y!mobileはソフトバンクグループになります。
その為、スマホプランではソフトバンクの回線が使われているので、電波のエリアや品質はソフトバンクと同じになります。そして、大手キャリアと同じように、ショップが全国にあるので、格安SIMのように自分でSIMを差し込んだり、設定したりする必要はありません。

そして、スマホプランは10分間の通話が月に300回までは無料になります。
超過した分の通話料は20円/30秒ですので、docomoやauなどの大手キャリアと全く同じですね。もし、完全に誰とでも通話し放題にしたい場合には、月額料金にプラス1,000円で通話し放題になります!

家族間の割引はない(月額500円引きにはなります)のですが、10分以内の通話が無料ですので、ちょっとした電話であれば問題ないですよね。もし、家族が離れたところにいて、たくさん話したりするような場合には、1,000円追加して完全通話し放題にすれば良いということになります。

 

良いことだらけですがデメリットは?

デメリットとしては以下のようなことがあります。

・メールアドレスは「@ymobile.ne.jp」になる。
・LINEの年齢認証が出来ないことがある。

 

メールアドレスのドメインが変わってしまうのは、キャリア間でMNPした場合と同じなので、デメリットというほどではないと思います。格安SIMの場合、メールアドレスをもらえなかったり、もらえてもパソコンのメールアドレスと同じ扱いになってしまうので、キャリアの迷惑メール対策の影響で、届かなかったりすることもあります。

その点、「@ymobile.ne.jp」であれば、各キャリアも携帯メールとして扱ってくれるので、パソコンのメールアドレスとして届かなかったりすることもないので、安心です(^^)

また、格安SIMでは使えない「キャリア決済」も、Y!mobileであれば「ソフトバンクまとめて支払い」が使えます。他にもテザリングもオプション料金なしで利用できますし、おサイフケータイも対応しているスマホの機種であれば、問題なく利用できます。

改めて考えると、あまりデメリットがありませんでした(^^; Y!mobileは、かなりおすすめですね。

ただ、もっと電話をすることが少ないのであれば、月の通信容量が多い、格安SIMがおすすめになります。自分の使い方にあったプランや会社を選んで、毎月安くスマホを利用したいですね!

>> 通話料金の安い格安SIMの比較はこちら

>> おすすめの格安SIMの比較はこちら

>> Y!mobileの詳細 はこちら

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA