月399円からの通話定額やLINE等のデータ通信が無料の格安SIM「FREETEL」

投稿:2016年3月11日 更新:2016年3月11日

月399円からの通話定額やLINE等のデータ通信が無料の格安SIM「FREETEL」

最近、SIMフリーキャリアのFREETELが動きを見せています。
スマホの料金「実質0円」がなくなってしまい、docomo等の大手キャリアは3月にも関わらず、スマホの販売が激減してしまったようです。一方、格安SIMは契約数が増加しているということで、今がチャンスとばかりに、FREETELは攻めの姿勢です(^^)

1. 春の最大1年間無料キャンペーン
2. LINE等、データ通信料0円サービス開始
3. 折り畳みスマホ「MUSASHI」販売
4. 月399円からの通話定額サービス

 

1. 春の最大1年間無料キャンペーン

春の最大1年間無料キャンペーン

こちらのキャンペーンでは、他社からののりかえ(MNP)や新規契約で毎月1GBの通信量が無料になります。契約の内容によって、以下のように無料の期間が変わってきます。

【のりかえ(MNP)】
・スマホとSIMを同時購入の場合 1年間
・SIMのみの購入 9ヶ月間

【新規契約】
・スマホとSIMを同時購入の場合 9ヶ月間
・SIMのみの購入 3ヶ月間

 

FREETELの料金プランは以下のように、使った分だけ月額料金が増える段階性になっています。

FREETELの料金プラン

通常だと100MBまでが月額299円、1GBまでが月額499円、3GBまでが月額900円・・・ という形で増えていくのですが、このキャンペーンが適用されると、1GB分までの料金の499円が差し引かれる形になります。

つまり1GBまでは無料で、3GBまでだと900円-499円=月額401円というようになります。1年間の割引だと、合計で5,988円がお得になりますね。実質、スマホの料金が5,988円割り引かれるのと同じになります。

上記の金額はデータ通信のみの契約の場合で、通常の電話として使いたい場合には、上記の金額プラス700円の月額料金になります。段階性ではありますが、決して割高ではなく、業界の標準の水準です!

 

2. LINE等、データ通信料0円サービス開始

LINE等、データ通信料0円サービス開始

FREETELでは、2016年3月9日からLINEやWhatsApp、WeChatなどのデータ通信料が無料になります。それぞれ、音声通話やビデオ通話、動画のやり取りなどは無料にはなりませんが、トークなどのチャットが無料になります!

これらのアプリを使っている方は、トークやチャットは、メールの代わりに毎日利用するものだと思いますが、写真などをやり取りしていると何気に通信容量が増えますよね。写真は圧縮されるとはいえ、1枚あたり400kbくらいにはなります。例えば1日5枚やり取りをすれば2MB、1ヶ月で60MBになります。

そこまで通信量は多くはないとはいえ、FREETELの料金プランで考えると、月に100MBや1GBで抑えたい人には、とても重要なことです(^^) このサービスを利用する為に、契約や月額料金などが必要ないことも嬉しいですね。

 

3. 折り畳みスマホ「MUSASHI」販売

折り畳みスマホ「MUSASHI」販売開始

こちらはガラケーとしても使え、スマートフォンようにも使える端末です。
OSはAndroidなのですが、折り畳み携帯のようにテンキーが付いています。しかも画面が2つ付いており、折りたたんでいる状態だと、4インチのスマートフォンとしても使えます。

MUSASHIの2つの画面

ガラケーであり、スマートフォンでもある、新しい端末ですね!
しかも価格は26,784円(税込)で、なかなかお手頃な価格です。24回払いなら、月1,116円の支払いになります。3GBくらい使った場合、端末代を合わせても、月額約3,000円の基本料金で利用出来ますね!

「1. 春の1年間無料キャンペーン」を利用すれば、6,467円(税込)割引になるので、「MUSASHI」が20,316円で買えることになります。スペックとしては、OSはAndroid5.1、CPUはMT6735Mのクアッドコア1GHz、メモリは1GB、ストレージは8GB、カメラは800万画素、バッテリは2,000mAhです。

FREETELのスマホとしては、13,000円くらいで買えるくらいのスペックなので、少々貧弱ですね。でも、格安SIMで折り畳みのガラケーを使いたい場合には、おすすめの端末になります。FREETELで契約しなくても、端末のみの購入も可能です!

 

4. 月399円からの通話定額サービス

月399円からの通話定額サービス

こちらはオプションの「通話かけ放題」サービスです。
「通話かけ放題」といっても、完全にかけ放題ではなく、月399円の場合には「1分間の通話が無料」になり、月840円の場合には「5分間の通話が無料」になります。

最近、格安SIMでも、このような通話が割引になるようなサービスが登場しているので、FREETELもそれに乗ってきた形になります。「5分間の通話が無料」は楽天モバイルと同じですね。楽天モバイルの場合には月850円になります。

大手キャリアでも「5分間の通話が無料」というサービスはありますよね。
月に1GBの通信量で比較すると、以下のようになります。

【大手キャリア】
月1,700円(基本料金) + 月300円(ネット) + 月2,900円(1GB) = 月4,900円

【FREETEL】
月499円(1GB) + 月700円(通話) + 840円(5分無料) = 月2,039円

 

FREETELの月額料金は半額以下です(^^)
安いですね!

通話料に関しても、大手キャリアの場合、5分超過後の金額は20円/30秒ですが、FREETELの場合には10円/30秒になります。もし1ヶ月で60分超過した場合、大手キャリアは2,400円、FREETELは1,200円になり、全てにおいてFREETELの方が安くなってしまいます!

大手キャリアと格安SIMの通話料金比較の詳細はこちら
https://www.sim-jozu.net/archives/2643

 

まとめ

このように、今FREETELが熱いです!
私も実際にFREETELのスマートフォンである「SAMURAI MIYABI」を使っていますが、18,000円(税込)で買えるのに、普通にサクサクと使えます!本格的なゲームで遊びたい場合には、少々もっさりとしてしまうかもしれません。

・18,000円で買えるコスパの良いスマホ「FREETEL Samurai 雅(Miyabi) 」レビュー
https://www.sim-jozu.net/archives/2692

ただ私は、FREETELの「使った量に応じて金額が上がる」プランは好きではありません。使った容量が少ない月には、月額料金が安くなるかもしれませんが、容量の繰り越しができないのです。

他の格安SIMでは、契約している通信量を超過した場合には、「速度が制限される」というものが一般的です。さらに高速通信を使いたい場合には、料金を払い高速通信の容量を追加するという形になります。FREETELにはそれがありません。

その為、「今月は、今どのくらいの通信量を使っている」ということを気にしながら使わなければならなくなってしまいます。もちろん、使う量によって安くしたいという場合には、FREETELのプランが合っていると思いますので、色々と比較しながら、自分にあったプランを選びましょう!色々と選べるのも、格安SIMの特権ですね(^^)

・格安SIMの比較はこちら
https://www.sim-jozu.net/sim

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA