HUAWEIの8万円高級スマホ「HUAWEI Mate S」を4万円台で買うチャンス!

投稿:2016年6月19日 更新:2017年10月1日

HUAWEIの8万円高級スマホ「HUAWEI Mate S」を4万円台で買うチャンス!

この記事をかんたんに書くと…

  • 楽天モバイルがスマホを半額で購入できるタイムセールを開催中
  • 5分以内の通話は無料で月に5GB使えるプランで月額3,000円
  • ショップでの即日開通やサポートを受けられる

ちょっと高級路線に走ってしまったASUSのコスパの良いスマホ「ZenFone 2」。
発売当初は約40,000円くらいでした。発売から1年くらいが経ちだいぶ安くなり、税込で30,000円くらいで販売されています。

そんな「ASUS ZenFone 2」が楽天モバイルの半額セールで、税込で20,952円で買えるチャンスです。他にも2015年末に発売されたHUAWEIの高級スマホ「HUAWEI Mate S」も、半額の44,712円(税込)になります!

特に「HUAWEI Mate S」に関しては、主要なオンラインショップで購入すると71,000円近くするので、もし購入を検討しているのなら、かなりお得に買えるチャンスなのではないでしょうか。

 

楽天モバイル「半額セール」のタイムスケジュール

楽天モバイルの半額セールは日替わりのセールになっており、以下のようなスケジュールで販売が予定されています。

期間中ずっと
 「ASUS ZenFone 2(ZE551ML)」 20,952円(32GB/2GBモデル)

2016年6月19日(日) 02:00~08:59 (すでに販売終了)
 「ASUS ZenFone Selfie」 22,032円

2016年6月20日(月) 22:00~22:29
 「HUAWEI Mate S」 44,712円

2016年6月21日(火) 13:00~13:59
 「ASUS ZenFone 2(ZE551ML)」 26,352円(32GB/4GBモデル)

2016年6月22日(水) 20:00~20:59
 「ASUS ZenFone 2(ZE551ML)」 29,052円(64GB/4GBモデル)

 

それぞれ台数限定なので、購入を検討している場合には早めの申し込みが必要となります。特に明日(6月20日(月) )のタイムセールの「HUAWEI Mate S」は、申し込み時間が30分しかないので、注意が必要ですね。

 

5分かけ放題オプションがおすすめ

楽天モバイルは、今年の格安SIM(MVNO)のシェアで3位に食い込んできており、かなり勢いのある格安SIMです。確かに、スマホ上手でも楽天モバイルはおすすめしたい格安SIMの1つになります。というのも、5分以内の通話が無料になるオプションサービスを提供している為です。

格安SIMでは、通話料が割引になるようなサービスは、まだ少ないのが現状です。
格安SIMにすることで、通信費が安くなっても、電話をかけることで、結局月額料金が高くなってしまっては、意味がありませんよね。

ほとんど電話をかけることがない場合には、問題ありませんが、少しでもちょこちょこと電話をかけることがあるのなら、今回の「楽天モバイル」や「BIGLOBE SIM」などがおすすめです。通話料割引サービスの比較をしてみましたので、以下の記事もご参照ください。

>> 格安SIMの通話定額はどこかお得?通話品質含め7社を比較してみました

 

5分以内の通話は無料で月に5GB使えて月額3,000円

楽天モバイルの通話付きの料金プランは以下のようになっています。

楽天モバイルの料金イメージ

上記のように、5分以内の通話が無料になるオプション(月850円)を付けて、月に3.1GBの通信量のプランなら月額2,450円になります。5GBのプランでも、なんと月額3,000円です!安いですね(^^)

docomo等の大手キャリアの場合、5分以内の通話が無料になるライトプランで月額1,700円、SPモードで300円、5GBのパケットパックで5,000円ですので、合計で月額7,000円になります。全く同じ条件で、料金が倍も違います(^^;

しかも、docomoなどは5分を超過した分の通話料は20円/30秒なのですが、楽天モバイルでは、なんと10円/30秒で、docomoなどの半額になります!これは大きいですね。もし、月に合計で60分超過した場合、楽天モバイルの方がさらに1,200円も安くなるのです。

こちらの記事では、同じく通話料割引がサービスがあるBIGLOBE SIMと比較しています。

>> 5分以内の通話は無料で月に3.1GB使えて月額2,450円!

 

オプションが充実している他、ショップも

また、楽天モバイルでは、余った容量の繰り越しサービスはもちろんですが、オプションサービスも充実しています。「端末補償(月500円)」や「スマホサポート(月500円)」、「スマートフォンセキュリティ(月300円)」や「データ復旧サービス(月300円)」、「公衆無線Wi-Fi(月362円)」など、様々なオプションを付けることが可能です。

さらに楽天モバイルは、全国にショップを開店しているのが特長です。
格安SIMはスマートフォンの扱いになれていない人には、敬遠されがちなのですが、ショップがあることで、スマホの設定などを安心してショップの店員さんにお任せできるようになります。

まだ、各都道府県にショップがあるわけではありませんが、全くショップがない格安SIMよりは、かなりメリットになるのではないでしょうか。

 

まとめ

このように、楽天モバイルは格安SIMの中でも、結構おすすめです。
格安SIMは、家族間が無料になるようなサービスもないので、家族で利用するような場合には、通話料割引サービスは必須なのではないでしょうか。

各格安SIMの料金やサービスの比較は、以下の記事を参考にしてみてください。

>> おすすめの格安SIMの比較はこちら

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です