iPhoneの画面が割れて操作ができない!? iCloudにもバックアップしてないアドレス帳や写真は救出できる?

投稿:2016年8月18日 更新:2016年8月18日

iPhoneの画面が割れて操作ができない!? iCloudにもバックアップしてないアドレス帳や写真は救出できる?

この記事をかんたんに書くと…

  • iPhoneのタッチパネルが操作できない。。。アドレス帳は写真を救出するには
  • 通常はiCloudやiTunesでバックアップ。パスワードを忘れてしまうとNG
  • その他のバックアップソフトやiPhoneのマウス操作は?!

ある日、同僚がiPhoneを落とし、画面にひびが入ってしまいました!
しかも、ひび割れただけなら仕方がないのですが、画面をタッチしても反応しません(><)

画面が割れてしまったことで、タッチパネルが故障してしまったようです。ホームボタンや電源ボタンなどの物理ボタンは反応するのですが、画面でのスライド操作ができないので電話に出る事すらできません!もちろんログインもできないので、連絡先や写真なども救出できなくなってしまいます。

 

iPhoneはiCloudやiTunesでバックアップ

通常ならiCloudやiTunesで、連絡先やデータのバックアップをしておきたいところです。
ただ、私もそうなのですが、クラウド上に大切なデータを保存するのって抵抗があるんですよね。。。 同僚もiCloudは使っていませんでした。iCloudであれば、新しいiPhoneを用意して、iCloudにログイン後に同期してあげれば、データが移行されます。

そうなると、頼りになるのはiTunesです!
iTunesはパソコンにインストールして、iPhoneとパソコンを接続することで、アドレス帳や写真などのデータを管理できるソフトになります。つまり、今まで使っていたので、iPhoneを接続すれば、パソコン側の操作でアドレス帳や写真のデータを救出できるということになります。

ところが!

 

iTunesの暗号化機能でパスワードを忘れてしまった

iTunesでアドレス帳をバックアップしておく際に暗号化する機能があります。
暗号化する際にはパスワードを入力しておくことで、暗号化を解除できるような仕組みになっているのですが、そのパスワードを忘れてしまうと手も足も出せなくなってしまいます

個人情報ですし暗号化しておきたいところですよね。
でもパスワードを忘れてしまってはどうしようもありません。SoftBankやAppleの人に相談しても、やはり暗号化してある場合には、パスワードを忘れてしまうとどうしようもないみたいです。とりあえず、何度間違えてもロックなどはかからないようなので、心当たりのパスワードを手あたり次第入れてみてください!とのことでした。

それでもパスワードが分かりません。
どうしましょう。。。

 

「CopyTrans Shelbee」というバックアップソフトも

そこで、色々と探してみたところ、iCloudやiTunes以外に、iPhoneのデータをバックアップできる無料のソフトがあることが分かりました。「CopyTrans Shelbee」というソフトです。

・「iTunes」不要、「iTunes」より高機能なiOSバックアップツール「CopyTrans Shelbee」
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/681505.html

 

このバックアップソフトを使えば、アドレス帳を抜き出せるかもしれません!
ということで、早速試してみましたが。。。

初回はiPhone側でアプリの接続許可をしなければなりませんでした。。。
つまりタッチ操作をしないと、バックアップができないということになります。

 

iPhoneをマウスで操作できる?!

他に、タッチせずに操作できないものか。。。
例えばiPhoneにマウスを繋いで操作できれば!

と思い、調べてみたところ、iPhoneでは通常はマウスは使えず、専用のアプリを利用すれば使えるようになるそうです。

・iphone・iPadでマウスとキーボードで操作する!URLスキームも使える!
http://kaji-raku.net/gadget/2381

 

そうなると結局、アプリのインストールの為に、画面をタッチ操作する必要があるので、こちらもダメです(><) Androidであれば、microUSBをUSBに変換してあげれて、USBにマウスを接続すれば、普通にマウスを使えますよね。その為、Androidのスマートフォンで、画面が割れてタッチ操作ができなくなってしまった場合には、こちらで解決します(^^)

 

最終手段「タッチパネルの修理」

さてさて、iPhoneの場合は八方ふさがりです(^^;
結局のところ、アドレス帳のデータを抜き出すことはできませんでした。

それでは、最終手段です!

「画面を修理してタッチ操作できるようにする」

全然、解決になっていませんが、アドレス帳がどうしても必要な場合には、これしかありません。。。
ただ、Appleの正式な修理だと、15,000円前後してしまいます。

・iPhone の修理 – 画面の損傷
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/screen-damage

 

しかし、そこらへんにあるiPhoneの修理屋さんであれば、もう少し安くすむ可能性もあります。機種にもよるかとは思いますが、今回の同僚の場合には、iPhone 5cの液晶で、8,000円前後で済みました。例えば以下のお店は全国展開しているようです。

・iPhone修理専門店「リンゴ屋」
http://www.iphone-customize.com/

これで、大切なアドレス帳を救出できる。。。
というよりも、タッチ操作ができるようになったことで、iPhoneを正常に使えるようになったのですから、良かったというべきでしょう。とはいえ、無駄な出費ですよね(^^;

 

まとめ

それにしても、タッチ操作が出来なくなってしまうのは怖いですね。。。
iPhoneを使っている人で、画面にひび割れが入っているのを、よく見かけます。

使えなくなる前に、しっかりとバックアップはとっておきましょう!

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA