30日間のお試し期間でたくさん読める!雑誌だけでなく本も読み放題の「Kindle Unlimited」レビュー

投稿:2016年8月14日 更新:2017年5月29日

30日間のお試し期間でもたくさん読める!雑誌だけでなく本も読み放題の「Kindle Unlimited」レビュー

この記事をかんたんに書くと…

  • 月額1,058円(税込)で12万冊以上の本、コミック、雑誌、120万冊以上の洋書が、読み放題
  • 30日間はお試し期間で、無料で利用できる
  • ネットワークに繋がっていない環境でもダウンロードしてしまえば本を読める

前回は、月額410円(税込)で約200の雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」のレビューをしました。

>> 31日間は無料でお試し。月額410円で約200の雑誌が読み放題の「楽天マガジン」レビュー

 

今回は、Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」をレビューしてみたいと思います。
「Kindle」というと、Amazonの専用端末と同じ名称なので、専用端末がないと利用できないと思ってしまいますよね。でも大丈夫です。「Kindle」はアプリを入れることで、AndroidでもiPhoneでも利用することができます。

そのアプリの中で「Kindle Unlimited」も提供されているので、読み放題も「Kindle」のアプリをインストールすれば、利用できます。

・「Kindle Unlimited」公式サイト
https://www.amazon.co.jp/gp/kindle/ku/sign-up

 

雑誌だけでなく本も読み放題

Amazonの「Kindle Unlimited」では月額1,058円(税込)で12万冊以上の本、コミック、雑誌、120万冊以上の洋書が、読み放題になります。

雑誌の種類は、シリーズで絞り込みしてみたところ、以下の80種類しかありませんでした。

無料で読める雑誌の種類

ただ、他の方が地道に数を数えたところ、2016年8月6日現在、180種類の雑誌があるようです。

・Amazonの読み放題 Kindle Unlimitedの雑誌ラインナップ一覧を作ってみた。
http://www.mayoinu.com/entry/2016/08/06/200000

 

「Kindle Unlimited」は検索しづらい

このように、「Kindle Unlimited」は検索しづらいという弱点があります。
何の雑誌が無料で読めるのかどうかを公表していないですし、絞り込みで雑誌を「シリーズ」別に絞り込めたと思ったら、全ての種類が掲載されていなかったり。。。 そもそも、読み放題の「Kindle Unlimited」の場所も分かり辛かったりします(^^;

Amazonのトップページにアクセスしたら、ページ左上の「カテゴリ」をクリックします。
次に「Kindle 本 & 電子書籍リーダー」から「Kindle Unlimited 読み放題」をクリックします。

Kindle unlimitedの表示方法

これで、「Kindle Unlimited 読み放題」のカテゴリへ移動できます。
「Kindle Unlimited」に登録していない場合には、「30日間の無料体験を始める」というページが表示されます。

 

30日間のお試し期間

このように「Kindle Unlimited」は、30日間のお試しができます。
試しに使ってみて、良ければそのまま使い続けて、あまり良くないと思えばやめてしまえば金額は発生しません。ただ、「Kindle Unlimited」の場合、お試しをすると、自分から解約しない限り自動的に継続されてしまい、翌月から月額料金が発生してしまいます。

 

お試し期間終了後に自動的に継続されないようにする

ただ、予め自動で継続しないようにも設定できます。
ページ右上の「アカウントサービス」から「お客様のKindle Unlimited」をクリックします。

自動で継続しないようにも設定

「Kindle Unlimited 会員登録を管理」のページに移動したら、ページ左側に表示されている「メンバーシップを管理」から「Kindle Unlimited 会員登録をキャンセル」をクリックします。

すると「メンバーシップを終了してもよろしいですか」というページが表示されますので、「メンバーシップを〇〇に終了」というボタンをクリックすることで、自動継続をしないようにすることができます。「〇〇に」という部分には30日後の日付が入ります。

自動継続をキャンセルしても、30日間はお試し期間を利用できますので、勝手に自動継続されないようにしたい場合には、キャンセルをしておくと良いかもしれませんね。試しに利用してみて、良ければ「Kindle Unlimited 会員登録を継続」をクリックすれば、そのまま使い続けることもできます。

 

読み放題対象の本は、個人的に販売されているものか古い本が多い

月額1,058円(税込)ということで、他のサービスよりも若干高めな料金設定ですが、洋書や雑誌以外の本も読み放題の対象になっています。

とはいえ、雑誌以外の本に関しては、発売されてから古いものであったり、個人的に販売されているKindle専用の本が対象であったりします。古い本であれば図書館で借りれたりしますよね。

その為、個人販売している本が気に入ったものであったり、古い本も良く読んだりするような場合には良いかもしれませんが、最新の本をたくさん読みたいという場合には、月額1,058円の料金を払う価値があるのかどうか。。。

 

ネットワークにつながっていなくてもアプリを利用できる

ただ、その他の仕様として、一度ダウンロードしてしまえば、ネットワークにつながっていない環境でも、本を読むことができます。これは「楽天マガジン」ではできなかったことなので、その点は「Kindle Unlimited」の方が良いですね。

また、読み放題の本は10冊まで登録しておくことができます。
それ以上の本を読むためには、読み終わった本などを削除するという手順をふむ必要があります。この手順が少々面倒ですよね。

他には、「Kindle Unlimited」では、一部ではありますが外部SDカードにデータを移動できます。ただ外部SDカードにデータを移動しても、全体のデータが結構大きいので、10冊ダウンロードしてあると、500MB前後になってきます。もう少し、多くのデータを外部SDカードに移動できると良いですね。

 

まとめ

私は、とりあえず30日間のお試し期間を堪能しようと思います。
ビジネス書や文章の書き方の本や、個人的に販売されているブログ関係の本が無料で読めるので、今のところ、とても楽しんでいます。

ただ、ある程度本を読み終わると、やはり継続して月額1,058円の価値があるかどうか。。。 微妙なところですね。今後の、読み放題対象の本次第ですね!

・「Kindle Unlimited」公式サイト
https://www.amazon.co.jp/gp/kindle/ku/sign-up

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です