家族4人で年間192,000円も節約?!auスマホが使える格安SIMの料金を比較

投稿:2016年8月24日 更新:2016年8月24日

家族4人で年間192,000円も節約!auスマホが使える格安SIMの料金を比較

この記事をかんたんに書くと…

  • IIJmioがauの回線を使ったサービスを2016年10月1日より開始
  • 月額830円のオプションで、家族間30分以内の通話が無料
  • 家族4人で格安SIMにMNPすれば、年間192,000円お得になることも

格安SIMの大手「IIJmio」が、auの回線を使ったサービスを2016年10月1日から開始することを発表しました。これにより、auで使っていたスマートフォンがそのまま使えるようになる為、auを利用している人が格安SIMにMNPしやすくなります。

今までは、au回線が利用できる格安SIMといえば、有名どころではmineoかUQ mobileのどちらかでした。
しかし、IIJmioが加わることで、さらなるサービスの充実が期待できそうです。
そこで、今回はau回線が使える3社を比較してみようと思います。

 

料金プランの比較

【データ通信のみのプラン】

メーカー 1GB 3GB 5GB 7GB 10GB 超過後
IIJmio 900円 900円 1,520円 2,560円 2,560円 200kb
mineo 800円 900円 1,580円 2,520円 2,520円 200kb
UQ mobile 980円 980円 2,980円 4,980円 7,980円 200kb

※「繰」は「容量の繰り越し」ができるかどうか ※価格は税抜きです

IIJmioの最低料金のプランは3GBで月額900円からの為、mineoが1GBでは最安値になっています。ただ、月に1GBだと結構少ないので、最低でも3GBは欲しいところですよね。また、IIJmioは6GBで月額1,520円の為、月に3GB~6GBくらいのプランであれば、IIJmioの方が料金はお得になります。とはいえ、7GB以上のプランも月に40円しか違いはありません。

そして、UQ mobileは基本的には3GBまでのプランしかありません。
それ以上、高速通信を利用したい場合には、500MB/500円で追加することができます。その為、月に5GB利用したい場合には、月額2,980円といった具合に、料金を追加していく形になります。

UQ mobileはズバ抜けて、他の格安SIMよりも高いですよね。。。
その為、月額料金の安さを求めるならUQ mobileはおすすめしません。

 

【音声通話もできるプラン】

メーカー 1GB 3GB 5GB 7GB 10GB 超過後
IIJmio 1,600円 1,600円 2,220円 3,260円 3,260円 200kb
mineo 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円 3,130円 200kb
UQ mobile 1,680円 1,680円 3,680円 5,680円 8,680円 200kb

※「繰」は「容量の繰り越し」ができるかどうか ※価格は税抜きです

電話も出来るような、通常のスマートフォンのプランにする場合には、音声通話もできるプランを選択します。IIJmioとUQ mobileは「データ通信専用」のプランに月額+700円、mineoは月額+610円となっています。

その為、mineoがどのプランでも最安値になっていますね。
唯一、5GBのプランはmineoは月額2,190円なのに対し、IIJmioは6GBで月額2,220円なので、IIJmioの方がお得になりますね。

 

IIJmioは月額830円のオプションで、家族間30分以内の通話が無料

それでは、料金プラン以外のサービスをみてみましょう。
一番気になるところは、通話をした場合の料金だと思います。

まだ正式なサービスは開始されていませんが、IIJmioでは通話料の定額プランが提供されるかと思われます。月額600円のオプションでは、「誰とでも3分以内、家族は10分以内の通話が無料」になります。月額800円のオプションでは、「誰とでも5分以内、家族は30分以内の通話が無料」になります。

そして、超過した分の通話料は、10円/30秒になり、通常の通話料の半額となっています。

 

mineoは通話定額で最大720円がお得

mineoの場合は、月額840円(通話定額30)のオプションで、最大30分の通話ができます。つまり20円/30秒の通話料で、普通に30分通話をすると、通話料が1,200円になりますが、840円ですむということになります。最大360円お得になりますね。

もう一つは、月額1,680円(通話定額60)のオプションで、最大60分の通話ができます。つまり通常2,400円の通話料が1,680円になるので、最大720円がお得になります。

ただ、通話料は20円/30秒なので、IIJmioに比べるとかなり高くなってしまいますね。

 

UQ mobileでは月額2,980円のコミコミプラン

UQ mobileでは「ぴったりプラン」を使うことで、通話料の割引サービスを利用することができます。月額2,980円で、月に1GB、1,200円分(最大30分)の通話料がコミになったプランです。1GBということで、かなり通信量が少ないですね。

通常は3GBで1,680円なので、1,200円分の通話料をプラスすると、合計で3,880円ですので、2GBの通信費を考慮すると、お得になるのは、ほんの数百円くらいだと思います。

ただ、最初の1年間は月額1,980円で利用できて、さらに最初の2年間は2,400円分(最大60分)の無料通話と、高速通信が2倍(2GB)になります。その為、最初の2年間は妥当な金額で利用できるかと思います。3年目以降は、あまりお得なプランとは言えないようです。

 

通話料を含めた月額料金例の比較

例えば、通信量は5GB使い、月に10分のほどの通話を10回したとします。
※UQ mobileは論外なので、auの場合と比較します。

 

【IIJmioの場合】
月額2,220円 + 月830円(通話定額)
通話料 (10分―5分) × 20円 × 10回 = 1,000円

合計 月額4,050円

 

【mineoの場合】
月額2,220円 + 月1,680円(通話定額60)
通話料 (100分―60分) × 40円 = 1,600円

合計 月額5,500円

 

【auの場合(スーパーカケホ)】
月額1,700円 + 月300円(LTE NET) + 月5,000円(データ定額5)
通話料 (10分―5分) × 40円 × 10回 = 2,000円

合計 月額9,000円

 

【auの場合(カケホ)】
月額2,700円 + 月300円(LTE NET) + 月5,000円(データ定額5)
通話料 0円

合計 月額8,000円

 

このようにIIJmioが一番お得になります。
超過分の通話料が10円/30秒なのが一番大きいのではないでしょうか。

auの場合、5分以内の通話が無料になるサービス(スーパーカケホ)よりも、カケホにした方が安くなったのですが、それでも料金は半額に抑えられています。

あと、4,000円の差があるので、連続で200分通話をすると、auのカケホと同じ料金になりますね。このようにみると、IIJmioでも、結構通話ができることが分かります。

これよりも、たくさん通話をする場合には、auのままカケホで利用した方がお得ですが、そこまで通話をしない場合には、IIJmioが良さそうですね。

 

格安SIMのデメリットは?

それでは、格安SIMのデメリットをあげてみましょう。

・利用者が集中する時間帯は通信速度が遅くなる(昼や夜など)
・auなどのキャリアのメールアドレスが使えない

・キャリア決済を利用できない
・月々の支払いはクレジットカードのみ
・LINEで年齢認証ができない
・通信は4G LTEエリアのみしか使えない(通話は3Gエリアも可能)

auの格安SIMで独特なのが、通信は4G LTEエリアのみしか使えないということがあります。3Gエリアでは通信ができない為、auのキャリアを使っている時よりも、通話は問題ありませんが、ネットにつなげられるエリアが狭くなってしまいます。

docomo系の格安SIMの場合は、LTEエリアでもFOMA(3G)エリアでも、問題なく通信は行えます。この点では、au系の格安SIMではデメリットが多くなってしまっています。

 

まとめ

このように、格安SIMにはメリットもあればデメリットもあります。
ただ、それでも月額料金が4,000円も安くなれば、年間にすれば48,000円の節約になります!

よくキャリアでは、新規契約やMNPで契約すると、数万円安くなったりしますが、その理由がよく分かりますね(^^; 使い方にもよりますが、家族4人が同じように格安SIMにMNPすれば、月額16,000円、年間192,000円の節約になる可能性があります!

これで家計も、だいぶ節約できるのではないでしょうか。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)