ASUS MeMO Pad 7(ME572CL)の不具合は再起動ではなくシャットダウンで解消される

投稿:2016年9月2日 更新:2017年6月5日

ASUS MeMO Pad 7(ME572CL)の不具合は再起動ではなくシャットダウンで解消される

この記事をかんたんに書くと…

  • MeMO Pad 7(ME572CL)は明るさの自動調整が効かない等の不具合が起こる場合がある
  • 再起動ではなくシャットダウンをすることで解消される
  • それでも解消されなければ初期化。それでもダメならハードの故障の可能性も

ASUSの7インチのタブレット「MeMO Pad 7(ME572CL)」を使っているのですが、最近になって、「明るさの自動調整が機能しない」「画面が自動回転しない」「スリープからの復帰がかなり遅い」「動作が遅くなる」「カメラピントが機能しない」といった不具合がたまに起こります。

一番ひどかったのは、「タッチパネルが反応しない」という現象でした。
物理ボタンは機能するので、強制終了してから再度起動することで復帰しましたが、一時はどうなることかと思いました。。。

(2017年5月14日 追記)
MeMO Pad 7は、やはり少々調子が悪く、最新のコスパの良いタブレットに機種変更しました!

>> MediaPad M3レビュー。コスパ最高の8.4インチタブレット

 

不具合は解消しては現れる

こうしてまとめてみると、ちょこちょことした不具合が多すぎですよね(^^;
ハード的な故障でなければ、初期化が一番手っ取り早いのでしょうが、データをバックアップしたり、アプリを入れなおしたりするのは、とても面倒です。。。

もちろん、再起動をしてみても回復せず。
いつの間にか不具合は解消されて、直ったと思っていたら、また症状が現れたり。良く起こる症状は「明るさの自動調整が機能しない」ですね。暗いところでは明るくなりすぎてしまうので、手動で暗めに変更して使ったりしていました。

もう一つは「スリープからの復帰がとても遅い」です。
スリープの状態から電源ボタンを押して画面が付くまで5秒くらいかかったりします(^^; 本来なら1秒くらいで付くのですが、遅すぎてイライラします。。。 こんな使い方もストレスがたまりますよね。

そして、ふと解消されるタイミングが分かったのです。

 

再起動ではなくシャットダウン

再起動しても不具合は解消されないのですが、端末をシャットダウンしてから、電源をオンにすると不具合が解消されます。全ての不具合が解消され、とても快適に動作します。

今まで、再起動も、シャットダウンしてから電源をオンにするのも同じかと思っていました。
パソコンの場合、シャットダウンしてから、電源をオンすることを、コールドスタートというようです。完全に電源を切ることで、ハードウェアやOSが初期化された状態からのスタートになるそうで、再起動(ウォームスタート)とは異なるそうです。

Androidでも同じなんですね。
Androidなどのスマホの場合、スリープ状態になり、あまり電源をオフにするという習慣がありませんよね。バッテリが少なくなってきたら、充電する。つまりほとんど電源をオフにすることはありません。

たまに、端末を再起動して、端末をリセットしていましたが、それよりも「シャットダウン(電源をオフ)」にすることの方が、重要だったようです。

 

まとめ

電源をオフにすることで、不具合は解消されますが、使っているうちにやはり上記の不具合は起こります。アプリとの相性なのか、システムのバグなのか、原因は分かりません。その時は、またシャットダウンして解消するしかありませんね。シャットダウン後は、とてもサクサクと動きます!

また、シャットダウンでも現象が直らない場合には、やはり端末の初期化しかないかもしれませんね。それでも直らなければ、ハードの故障も考えられると思います。

そんなわけで、スマホも定期的にシャットダウンをしましょう!

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA