8コアCPU・4GBメモリのデュアルスタンバイスマホが29,800円!10分以内の通話し放題も

投稿:2016年10月9日 更新:2017年5月28日

8コアCPU・4GBメモリのデュアルスタンバイスマホが29,800円!10分以内の通話し放題も

この記事をかんたんに書くと…

  • 8コアCPUで4GBメモリの高コスパ・大容量バッテリの新スマホ「RAIJIN」発表
  • 「だれでもカケホ」に月額1,499円で10分以内の通話が無料になるプランを追加
  • 今後、他の格安SIMでも10分かけ放題サービスが広がる可能性も

格安SIMのFREETELが先日、発表会を行いました。
発表された主な内容は以下の通りになります。

・10コアCPUの「SAMURAI 極2(49,800円)」発表、
・5,000mAhの大容量バッテリ搭載の「RAIJIN(29,800円)」発表
・半年ごとに新しいスマホに変えられる「かえホーダイ」発表
・初期費用が発生しない「全プラン対応パック」発表
・パケットの翌月繰り越しとチャージに対応
・15GB~50GBの大容量プラン追加
・LINE(音声通話)、facebook、Twitter、Instagramもデータ通信量無料化
・「だれでもカケホ」に10分間かけ放題で月額1,499円が追加

かなり盛りだくさんですね(^^)

 

高スペック・DSDSで29,800円の新スマホ「RAIJIN(雷神)」

高スペック・DSDSで29,800円の新スマホ「RAIJIN」

新しくラインナップに追加された、FREETELのオリジナルスマホの「RAIJIN(雷神)」は、バッテリが大容量だけでなく、スペックもなかなか良くてコスパが期待できます!OSは最新のAndroid 7.0(Nougat)、CPUは「MT6750T Octa Core Cortex-A53」、メモリは4GB、ストレージは64GB、カメラは1,600万画素、そしてデュアルSIMデュアルスタンバイで、価格は29,800円と、かなりお手頃な値段となっています。

FREETELのSIMを契約しなくても、スマートフォンだけの購入もできるので、他の気になる格安SIMを契約しつつ「RAIJIN」を購入するという方法もできますのね。

 

「だれでもカケホ」に月額1,499円で10分間かけ放題が追加

「だれでもカケホ」に月額1,499円で10分間かけ放題が追加

さらに、個人的にとても嬉しい発表は、「だれでもカケホ」に、月額1,499円で10分以内の通話が誰とでもかけ放題になるプランが追加されたことです!今まで、格安SIMでは月額850円前後で、5分以内の通話が誰とでも無料になるプランが主流でした。

それが10分に拡大されたことで、だいぶ使いやすいプランになります。
唯一、Y!mobileだけが10分以内の通話が無料というサービスを提供していました。ただ、料金がその分、他の格安SIMよりは割高で、高速通信が月1GBで月額2,980円でした。月3GBだと月額3,980円になってしまいます。

先日、「OCN モバイル ONE」が、10分以内の通話が無料になるサービスを、キャンペーンの期間限定で始めました。ただ2017年1月31日までの期間限定ですので、正式なサービスとして開始されるのは、FREETELが初になります。

>> Y!mobileよりもお得!月約3.3GB使えて10分以内の通話無料で月額2,450円

 

他社でも通話定額サービスが利用できる

しかも、FREETELのSIMだけでなく、他社のSIMでも「通話定額サービス」が使えるようになります。他の格安SIMでは、もちろん自社の音声通話SIMを使っている場合のみ利用できるサービスでした。それが、他社でも使えるとなると、すごいですよね。

例えば、そういった通話定額サービスを提供していないような格安SIMを契約して、通話定額サービスのみFREETELのアプリを利用する、といった使い方もできるようになります。

ただ、唯一の難点は、アプリ(音声定額サービス)の品質の評判が悪いということになります。。。 音声回線を使っていても、通話の品質がかなり悪いようですね。それでも2016年7月にはアプリが更新されて、だいぶ改善されたようです。今後の更なる品質改善に期待ですね!

 

月3GBで10分間かけ放題で月額3,099円

月3GBで10分間かけ放題で月額3,099円

それが、FREETELの「だれでもカケホ」であれば、月3GBで10分以内の通話が無料になるプランの場合、月額3,099円で利用できることになります。Y!mobileと比べると月額900円近く安くなりますね。

Y!mobileの月1GBのプランに、100円追加するだけで、容量が3GBになるということになります。ただ、FREETELの評判としては、まだ「通話の品質が悪い」「速度が遅い」といった、あまり良くない評判も耳にしますので、もうしばらく利用するには様子をみたいところではあります。

 

他社が追従する可能性大

とはいえ、最近勢いのあるFREETELが、10分以内の通話が無料になるプランの提供を始めたとなると、近いうちに他の格安SIMが追従する可能性が高いのではないでしょうか。そうなると、さらに格安SIMでの通話料のサービスの幅が広がることになります。

まずは、楽天モバイルやIIJmioあたりが、同様に10分以内の通話が無料になるようなサービスを始める気がします。今後が、また楽しみですね(^^) それにしても、今回SIMフリーガラケーの「Simple2」の発表や続報がありませんでしたね。

前回、「Simple2」の外観やモデルなどが発表されていたのに、今回続報がなかったということは、製作が難航しているのでしょうか。。。 格安のSIMフリーガラケーは、他にはほとんどないので、期待しています。

>> 格安SIMの通話定額はどこかお得?通話品質含め7社を比較してみました

・FREETEL WORLD 2016 [Fall/Winter] 公式サイト
https://www.freetel.jp/lp/press_20161006/

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)