auの料金プランは家族シェアがない分、ひとりでも安くなる

投稿:2016年12月28日 更新:2017年5月27日

ひとりで利用する場合に料金を安くすることのできるauの料金プラン

この記事をかんたんに書くと…

  • auにはドコモにはない、au同士が無料になるプラン(月額934円)がある
  • 家族でのシェア(分け合い)はなく、ひとりで利用する場合に安く利用できる
  • ガラケーの料金は、だいたいドコモと同じ

家計費をなるべく削減!
格安SIMを利用すれば、簡単なことなのですが、2年縛りがあって変えられない人もいれば、格安SIMなんて訳のわからないものは使いたくない!という方もいらっしゃると思います。

ということで、大手キャリアを使いつつ月額料金を安くするべく、前回はドコモの料金プランで、なるべく月額料金が安くなるようなプランの比較をしてみました。

>> 月5GB・5分かけ放題で月額4,050円も可能!ドコモを安く利用する方法

今回は、auのプランで最安値に挑戦です!

 

auの基本プランは少々複雑

auの基本プランは、ガラケーを含めると少々複雑になってきます。
大まかなプランで言えば、基本的にはドコモと同じで、誰とでも時間制限なく通話し放題の「カケホ」と、5分以内の通話が無料になる「スーパーカケホ」となっています。

スマホとガラケーで月額料金が異なり、「カケホ」はスマホが月額2,700円、ガラケーは月額2,200円、「スーパーカケホ」は、スマホが月額1,700円、ガラケーは月額1,200円となっています。

そしてもう一つ、ドコモにはないようなプランで、au同士は1時~21時の通話が無料になる「LTEプラン」が用意されています。ソフトバンクのホワイトプランと同じですね。

「LTEプラン」の月額料金はスマホで月額934円になります。
そしてガラケー向けには「VKプラン」という名称で用意されています。内容は同じで、月額998円になります。他にもガラケーには、無料通話料が着いたようなプランもあります。

(スマホ向けプラン)

auのスマホ向けプラン

 

(ガラケー向けのプラン)

auのガラケー向けのプラン

上記の他に3G向けのプランもあったりします。
少し複雑になってしまうので、今後は3G向けはなくなる方向にありますので、LTE向けのプランのみを紹介します。

 

基本プラン+インターネット接続料+パケット料

上記の金額に、メールやインターネットを使う為の接続料が、月額300円(LTE NET)発生します。そして、さらに「データ定額」という、通信料毎に異なる料金が発生してきます。

auなどの大手キャリアの場合、このパケットパックなどの通信費の金額が、とても大きくなります。この部分を以下にうまく利用するか、が大きなポイントになりそうですね。

 

auには家族でシェアをするプランはなし

auには、家族でパケットを分け合うようなシェアプランはありません
家族間で、月間のデータ容量をプレゼントするような「データギフト」というものは存在するのですが、こちらはシェアとは異なります。

ということで、データ定額の料金一覧はこちらになります。

auのデータ定額の料金一覧

ドコモのプランにはない1GBのプラン(データ定額1)があります。ただ、この「データ定額1」はスーパーカケホでしか使えません。また、3GB(データ定額3)も、ドコモにはないプランですね。そして「データ定額2」はカケホでしか使えません。

また、月額934円で利用できる「LTEプラン」は、データ定額サービスのどれかとセットにすれば、安く使えそうですが、残念ながら使えないようになっています。

セットにできるのは「LTEフラット」という月額5,700円で7GBが使えるプランのみになります。そうなると、月額934円+月額300円+月額5,700円=6,943円になってしまい、そんなに安くはないですね。

ということで、最安値は以下のようになります。

 

【ひとりで利用する場合の最低料金(スマホの場合)】

・スーパーカケホ 月額1,700円
・LTE NET 月額300円
・データ定額1(1GB) 月額2,900円

合計 月額4,900円

 

月に1GB、5分以内の通話が無料で月額4,900円ということになります。
ひとりでも安く利用できるのは良いのですが、ドコモのように、家族で分け合うことで安くすることができないのは残念ですね。

 

ガラケーの料金はドコモと同じ

次に、ガラケーの場合の最安値です。
ガラケーの場合には、誰とでも5分以内の通話が無料になる「スーパーカケホ(月額1,200円)」がお得です。

このプランの場合、データ通信が0円から使える「ダブル定額Z」が付けられます。ただ、0円で使える容量は500KBまでですので、まずこの料金では利用できません。契約上は以下のような料金になります。

 

【ガラケーの場合の最低料金】

・スーパーカケホ 月額1,200円
・LTE NET 月額300円
・ダブル定額Z(500KB~) 月額0円~

合計 月額1,500円~

 

0円といっても500KBだけしか使えない為、まず0円で済むことはありません。
「ダブル定額Z」の料金体系は以下のようなグラフになります。

ダブル定額Z

ドコモのプランの際にも同じことが言えたのですが、今の「ガラケー」と呼ばれるものは、スマホと同じOSが使われており、LINEも使えるものになります。その為、アプリが勝手に通信をしたりすることもあったりします。

というわけで「ダブル定額Z」は、だいたい1,300円~2,300円くらいになると思います。つまり、料金はだいたい月額2,500円~3,500円になります。だいたいドコモと同じですね。

 

au同士が無料になる月額998円のプラン

ドコモにはない、もう一つのプランとして、auには1時~21時の間はau同士の通話が無料になる「VKプラン(月額998円)」があります。こちらを利用する場合には、月額500円から使える「ダブル定額」になります。

auのダブル定額

結局、「スーパーカケホ」の時と同じですね。
料金はだいたい月額2,500円~3,500円になります。

電話をかける相手が、auだけに限らないなら「スーパーカケホ」、auが多いなら「VKプラン」にするのが良さそうですね。

 

まとめ

auには、ドコモにあるような、長期利用割引のようなものはありません。
主に「auスマートバリュー」という、家のインターネット接続サービスを一緒に利用することで安くなる割引を勧めています。

このようにみるとauは、家族で利用しても割安になることはあまりなく、ひとりで契約するような場合にはお得に利用できそうですね。

 

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)