【質問3】格安SIMでスマホが故障したら?代替機は用意してもらえる?

投稿:2017年1月22日 更新:2017年6月27日

【質問3】格安SIMでスマホが故障したら?代替機は用意してもらえる?

この記事をかんたんに書くと…

  • 格安SIMではショップがない場合がほとんどなので、補償オプションで対応
  • 購入してから1年以内であれば、スマホメーカーに連絡してメーカー保証で対応
  • 格安SIMによって、金額や対象端末は様々

このコーナーは、スマートフォンや格安SIMに関する、質問や疑問、解消したい悩みや、困っていることなどに答えていくコーナーです。何かありましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりご質問ください!

・質問投稿フォーム(お問い合わせ)
https://www.sim-jozu.net/about

 

スマートフォンが故障した時の対処

今回は以下のような質問です。

「格安SIMで、使っているスマートフォンが故障してしまった時はどうすれば良いのでしょうか?電話で対応してもらえますか?また代替機などは用意してもらえるのでしょうか。」

ドコモやauなどの大手キャリアでは、近くのショップに持っていけば何とかなりましたが、格安SIMだとほとんどの場合ショップがないので、どうすれば良いか心配ですよね。

 

補償オプションを利用するか自分で新しいスマホを用意する

基本的には、補償オプションなどに加入していないと、格安SIM側では対応してもらえません。1年間はメーカー保証が付いているので、スマートフォンのメーカーに連絡して、対応してもらうことになります。

1年間を過ぎている場合には、自分で新しいSIMフリースマホを購入するか、手持ちのSIMフリースマホを再度利用するか。。。 どちらにしても自分で用意する必要があります。

自分で用意するのが嫌だという場合には、お使いの格安SIMの端末補償オプションを利用することになります。オプション料金を支払うことで、万が一の故障の時には、格安SIM側で新しいスマホを用意してもらえたり、修理をしてもらえたりします。

それでは、主要な格安SIMごとの端末補償オプションをみてみましょう。

 

楽天モバイルの端末補償

楽天モバイルの端末補償

端末補償オプション:月額500円

自然な故障や落下などの自損、水濡れや水没などの場合の故障時に補償してもらえます。端末補償は、スマホを購入時にしか一緒に申し込めないので、注意が必要です。端末は楽天モバイルで購入した端末のみが対象になります。

また、スマートフォンが故障した際には、交換での対応となっています。
上記の月額料金とは別に、スマホの交換時には4,000円~7,000円の料金が発生します。つまり、月額料金の支払いで、年間6,000円。万が一、1年6ヶ月でスマホが故障してしまった場合、月額料金で9,000円、スマホの交換で4,000円~7,000円が発生します。

合計で13,000円~16,000円の料金がかかってしまいます。
スマホの料金が20,000円~40,000円で購入できるとなると、そんなにお得な料金ではありませんね。

また、スマホの交換にかかる日数は、「平日16:00までの受付完了分、土日祝12:00までの受付完了分は当日中に発送」になりますので、翌日か翌々日には新しいスマホが手元に届きそうですね。その為、代替機はありません。

・端末補償 (楽天モバイル公式サイト)
http://mobile.rakuten.co.jp/fee/option/product_compensation/

 

IIJmioの端末補償

IIJmioの端末補償

端末補償オプション:月額380円

月額380円ということで、楽天モバイルに比べると安いですね!
しかも、交換端末は飛行機で配達されるので、午前中までに受付を済ませれば、日本全国翌日に配達されるようです。早く届いてくれるので嬉しいですね。端末はIIJmioで購入した端末のみが対象になります。

補償内容は、画面割れや水濡れ、全損や部分破損まで幅広く補償してくれます。
また、楽天モバイルと同様に、スマホが故障した際には交換での対応となります。そして、上記の月額料金とは別に交換時に、別途料金が発生します。

補償は1年に2回まで利用でき、1回目は5,000円、2回目は8,000円が別途かかります。
つまり、月額料金の支払いで年間4,560円。スマホの交換時に5,000円または8,000円がかかるので、合計で9,560円または12,560円が発生します。

万が一の故障は、1年のうちに1回くらいしか発生しないと思いますので、だいたい9,560円で済むことになりますね。そう考えると、なかなかお手頃な気がします。

・端末補償オプション (IIJmio公式サイト)
https://www.iijmio.jp/device/option/

 

OCN モバイル ONEの場合の補償

OCN モバイル ONEの場合の補償

端末補償オプション:月額500円

OCN モバイル ONEの場合、自分で購入したAndroidスマートフォンやiPhoneなども補償の対象になるのが特長です。しかも、必要だと思った時から申し込みができるのも、他にはないサービスだと思います。

例えば、メーカー補償が切れた1年後から、OCN モバイル ONEの「あんしん補償」に入るということも可能になります。これは珍しいですよね。補償の開始は、「サービスのお申し込み日の10日後を含む月の翌月1日から」になります。

また補償は、基本的には修理で対応され、上限50,000円の故障までは修理してもらえます。修理できない場合には、有償で交換になるようです。

料金としては、年間6,000円。
万が一の故障時には、追加の金額も発生せずに修理してもらえるので、その点では月額料金は高めですが、総合的には安く修理してもらえそうですね。

・あんしん補償 (OCN モバイル ONE 公式サイト)
http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/option/warranty.html

 

その他の格安SIMの補償

・DMM モバイル
月額350円 交換時3,000円
対象端末:DMM モバイルで購入した端末のみ
http://mvno.dmm.com/doc/device.html

・BIGLOBE SIM
月額500円 補償上限40,000円
対象端末 BIGOLOBE SIM以外で購入した端末も対象
http://service.biglobe.ne.jp/simhosho/index.html

・NifMo
月額380円 交換時 1回目5,000円、2回目10,000円、3回目以降 定価
対象端末:NifMoで購入した端末のみ
http://nifmo.nifty.com/option/warranty.htm

・U-mobile
月額500円 お見舞金 最大50,000円
対象端末:U-mobile以外で購入した端末も対象
http://umobile.jp/service/sim/option/

・mineo
(mineoで購入した端末)
月額370円 1回目 5,000円、2回目 8,000円

(mineo以外で購入した端末)
月額500円 1回目 5,000円、2回目 8,000円、3回目 実費
http://mineo.jp/option/devicewarranty/

 

まとめ

このように、ほとんどの格安SIMでは、スマートフォンの故障時の補償オプションを提供しています。ただ、翌日に届くという場合でも、電話や簡単な連絡は取りたいですよね。そんな時でも、代替機はほとんど用意してもらえません。

その為、一番良い方法は、以前使っていたスマートフォンなどを保管しておいて、新しいスマートフォンが万が一故障した時には、以前使っていたスマートフォンを使うという方法が良いです。

格安SIMで使うスマートフォンは、そんなに高くないものが多いので、補償オプションは入らないで自分で対応したいところですよね。それでも、あまり詳しくない方は、補償に入っておいた方が安心かもしれませんね。

端末補償を含め、格安SIMの比較をする場合には、こちらで紹介しています。

>> おすすめの格安SIMの比較はこちら

>> おすすめのSIMフリースマホはこちら

この記事の著者

マメデザイン 鳥羽 >> 運営者情報

ガジェットをこよなく愛するWEBディレクター。日々、ガジェットに関する情報やスマートフォンをお得に利用する為の情報を収集しながら、WEB制作をしています。ガラケーとタブレットの2台持ちで、格安SIMはIIJmioを利用。通話し放題・月3GBのプランで、スマホ利用料は合わせて月額2,570円。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です