100均(セリア)のスマホ用マクロレンズが予想を上回りすぎて面白い

投稿:2017年2月10日 更新:2017年2月10日

この記事をかんたんに書くと…

  • セリア(Seria)にスマホ用のマクロレンズが売っており、接写に弱いスマホに使える
  • iPhoneだけでなく、一般のスマホやタブレットにも装着できる
  • 接写モードというよりは拡大鏡モード

100均のセリア(Seria)に行った時に、おもしろいものがあったので買ってしまいました。スマホ用のマクロレンズです。たまに、料理の写真を撮ったりするので、これがあれば被写体の近くによって、また違う構図で料理の写真を楽しめそうです(^^)

と、このようにスマホのカメラで、デジカメの接写モード風に撮影する気持ちで購入したのですが、とんでもないことに。。。

100均のセリアのスマホ用マクロレンズ

 

iPhoneだけでなくスマホ・タブレット全般に対応

対応サイズは厚みは13mmまでということです。
マクロレンズのサイズは、横5.5cm×幅2.5cm×高2cmくらいになります。

対応サイズは厚みは13mmまで

レンズはこんな感じでカバーがついています。

レンズはこんな感じでカバーがついています

レンズのカバーをはずすと。。。

レンズのカバーをはずすと。。。

コンパクト虫眼鏡みたいですね(^^)

こちらは、スマホに装着したところになります。
パッケージには「iPhone スマートフォン」と書いてあり分かりづらいですが、スマホやタブレットであれば装着できそうです。

スマホに装着したところ

写真のスマホは、FREETELの雅というスマホになるのですが、薄めのスマホになります。手帳型のケースを付けており、これで対応サイズのギリギリの13mm程度でした。そう考えると、一昔前の少し厚みのあるスマホに、手帳型ケースを付けている場合には、装着できないかもしれませんね。

 

接写どころか拡大鏡

ということで、早速撮影です。
先ほどのマクロレンズのパッケージで試してみましょう。

まずは、マクロレンズを付けずに、文字に近づけて撮影しようとすると、こんな感じでぼけてしまいます。

マクロレンズを付けずに、文字に近づけて撮影

そこで、マクロレンズを付けて撮影してみると。。。

マクロレンズを付けて撮影

とても文字がくっきりとなりました!
かなり近づけて撮影しないと、逆にぼけてしまいます。
撮影距離は1cmくらいでしょうか。

こちらは、皆さんお馴染みのamazonの段ボールです。
まずは、通常のスマホで、ぼけずに撮影できる距離で撮影してみました。

通常のスマホで、ぼけずに撮影できる距離で撮影

まぁ、こんな感じですよね。
端末にもよると思いますが、約5cmくらいといったところでしょうか。

マクロレンズをつけて撮影すると。。。

ばん!

マクロレンズをつけて撮影

近!
でかっ!

段ボールの繊維まで撮影されています(笑)

次は、何の変哲もない葉っぱです。

次は、何の変哲もない葉っぱ

まぁ、またしてもこんな感じですよね。

マクロレンズをつけてみると。。。

ばばん!!

葉っぱをマクロレンズで撮影

葉っぱの表面のぶつぶつが見えていますね。

自分の手を撮影してみたらどうなるんだろう。。。

ばばばん!!!

自分の手を撮影

はい、汚いですね(笑)

 

まとめ

こんな感じで、100円で買えるのに、スマホでいつもと違った写真が撮れて面白いですね!
当初、デジカメの接写モード的な気持ちで買いましたが、それとは全く違ったものになります。むしろ、拡大鏡レンズといったところでしょうか(^^)

これでは、料理の撮影には使えなさそうですね(^^;
これはこれで、別の視点の面白い写真が撮影できそうです!

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

関連記事

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です