【2018年4月】Apple 整備済製品で旧iPad 128GBモデル が7,000円の値下げ

投稿:2018年4月8日 更新:2018年4月8日

【2018年4月】Apple 整備済製品で旧iPad 128GBモデル が7,000円の値下げ

この記事をかんたんに書くと…

  • 新型のiPadの発売で旧iPad(iPad Air 2)が7,000円の値下げ
  • Apple認定の整備済製品は1年保証もついてバッテリも新品
  • 新型iPad 128GBは48,800円で、iPad Air 2 128GBは37,800円なので11,000円安く買える

先日、Apple Pencilに対応した新型のiPad(第6世代)が発売されました。

>> 新型iPad(2018年 第6世代)の価格はどのキャリアが一番お得?

 

2018年に発売された新iPadは、2017年に発売された第5世代のiPadからは、CPUがパワーアップし(A9 → A10)、Apple Pencilに対応して、価格は据え置きの37,800円(税抜)~となっています。

これにより、今まで44,900円で販売されていたiPad Air 2 128GBモデルが37,800円に値下げされました。iPad Air 2は2014年10月に発売されたモデルですが、Apple Pencilに対応していなくても、ストレージ容量が多い方が良い、というような場合にはお手頃な価格で買えるので検討しても良さそうですね。

 

iPad Air 2と新iPadの比較表

iPad Air 2は、2017年に発売された第5世代のiPadの実質1つ前のモデルになります。つまり、先日発売された新iPadよりも2つ前のモデルということになります。ただ、スペックを比較しても、そこまで大きな違いがないことがわかります。

 iPad Air 2(2014年10月発売)新iPad(2018年3月発売)
ディスプレイRetinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)LEDバックライトワイドスクリーンMulti-Touchディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度、264ppi
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度、264ppi
耐指紋性撥油コーティング
チップ64ビットアーキテクチャ搭載A8Xチップ
M8モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
組み込み型M10コプロセッサ
サイズ高さ:240 mm
幅:169.5 mm
厚さ:6.1 mm
高さ:240 mm
幅:169.5 mm
厚さ:7.5 mm
重量Wi-Fi:437 g
Wi-Fi + Cellular:444 g
Wi-Fi:469 g
Wi-Fi + Cellular:478 g
Apple Pencil対応
背面カメラ8メガピクセルカメラ
ƒ/2.4の開口部
顔検出
8メガピクセルカメラ
ƒ/2.4の開口部
人体検出と顔検出
Live Photos
前面カメラ1.2メガピクセルの写真
ƒ/2.2の開口部
1.2メガピクセルの写真
ƒ/2.2の開口部
Live Photos
Retina Flash
通信方式Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
Bluetooth 4.2テクノロジー
Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
Bluetooth 4.2テクノロジー
Cellularモデルnano-SIM(Apple SIMに対応)
UMTS/HSPA/HSPA+/​DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz) CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,900MHz)
LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、13、17、18、19、20、25、26、28、29、38、39、40、41)
nano-SIM(Apple SIMに対応)
UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz) CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,900MHz)
LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、27、28、29、30、38、39、40、41)
センサーTouch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
コネクタLightningLightning
Touch IDホームボタンに内蔵された指紋認証センサーホームボタンに内蔵された指紋認証センサー

 

iPad Air 2の方が厚みが薄かったり、軽かったり、ディスプレイの反射防止コーティングがされていたり、勝っている部分もありますね。

・新iPad スペック(Apple 公式サイト)
https://www.apple.com/jp/ipad-9.7/specs/

・iPad Air 2(Apple 公式サイト)
https://support.apple.com/kb/SP708

 

1年保証、新しいバッテリの「整備済製品」

1年保証、新しいバッテリの「整備済製品」

旧iPadであるiPad Air 2は、Apple公式サイトの「整備済製品」で販売されています。整備済製品とは、Appleの公式サイトには以下のように書かれています。

Apple認定整備済製品とは、Appleの厳しい整備プロセスを経て販売される、新品ではないApple製品のことです。技術的な問題があって返品された一部の製品を含みますが、すべての製品に対しAppleの品質基準をクリアしていることを確認しています。

・Apple認定整備済製品(Apple 公式サイト)
http://www.apple.com/jp/shop/browse/home/specialdeals

 

つまり新品ではないですが、中古品というわけでもない新古品のようなものでしょうか。また、1年保証もついていますし、すべてのモデルに新品のバッテリー、新しい外装、新しいホワイトボックスが使われています。

そんな「整備済製品」では、iPad Air 2 128GB Wi-Fiモデルが44,900円(税抜)で販売されていたのですが、新iPadが発売されてからは37,800円に値下げされました。他にも執筆時点(2018年4月8日)では、iPad Proなど販売されていますが、こちらは制備品価格ではありますが、特に値下げはされていないようです。

また支払い方法は、クレジットカードやコンビニ払込み、銀行振込などが利用できます。今なら2018年4月30日までは、三井住友カードやオリコローンの利用で、12回払いまでの分割手数料が無料で利用できるようです。12回の分割払いを利用すると、月3,400円程度でiPadを手に入れられますね。

・三井住友カードやオリコローンの紹介(Apple公式サイト)
https://www.apple.com/jp/shop/browse/financing

 

まとめ

新iPadの128GBモデルは48,800円(税抜)になりますので、iPad Air 2なら11,000円安く購入できますね。整備済製品は、常に在庫があるわけではないので、気になったらなるべく早く購入することをおすすめします。

この記事の著者

マメデザイン 鳥羽 >> 運営者情報

ガジェットをこよなく愛するWEBディレクター。日々、ガジェットに関する情報やスマートフォンをお得に利用する為の情報を収集しながら、WEB制作をしています。ガラケーとタブレットの2台持ちで、格安SIMはIIJmioを利用。通話し放題・月3GBのプランで、スマホ利用料は合わせて月額2,570円。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)