格安SIMでiPhoneやiPadを使うための方法と流れ

2017年9月 iPhone 8発売で旧iPhoneが値下げ!買うなら今がチャンス

この記事をかんたんに書くと…

  • iPhoneは5c/5s以降の機種で利用であれば格安SIMで利用できる(キャリアによります)
  • iPhoneはAPN構成プロファイルをダウンロードしてからインストールして利用する
  • iPhoneの最新機種を利用したい場合は、大手キャリアを使うことをおすすめ

格安SIMだと海外の「格安スマホ」を利用するというイメージですが、iPhoneやiPadも使えます。もちろん国内メーカーのスマホやおサイフケータイ対応のスマホを利用することも可能です。
格安SIMでiPhoneを使う方法としては3つあります。

1. ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアで使っていたiPhoneを利用する
2. 格安SIMの契約と一緒にiPhoneも購入する
3. SIMフリーのiPhoneをApple Storeや家電量販店、中古ショップで購入する

それでは、iPhoneを利用する流れをご紹介します。

 

持っているiPhoneを利用する

すでにiPhoneを使っているのなら、年式の古いiPhoneでなければ、そのまま格安SIMで使うことができます。ただ、使っていたキャリアによっては、SIMロックの解除が必要になるのと、格安SIMの契約できる会社が限られてくるので注意が必要です。

 

利用できる機種

まず、利用できるiPhoneは、iPhone 5c/5s、6/6 Plus/s以降の機種になります。

 

ドコモのiPhoneやiPadを使っていた場合

そして、ほとんどの格安SIMの会社はドコモの回線を借りてサービスを提供している為、ドコモで契約していたiPhoneであれば、SIMロック解除をしなくても、そのまま利用することができます。

 

ソフトバンクのiPhoneやiPadを使っていた場合

ソフトバンクのiPhoneを利用していた場合は、iPhone 6s/6s Plus以降に発売された機種であれば、SIMロックを解除することで、ドコモのiPhoneと同じように利用することができます。もし、それよりも古いiPhoneで利用したい場合には、ソフトバンクの回線を利用した格安SIMに限られます。

>> SIMロック解除できないiPhoneで格安SIM!5分通話定額で月額2,450円~

 

auのiPhoneやiPadを使っていた場合

auのiPhoneの場合もソフトバンクと同様で、iPhone 6s/6s Plus以降に発売された機種であれば、SIMロックを解除することで、ドコモのiPhoneと同じように利用することができます。ただ、格安SIMの「mineo(マイネオ)」であれば、iPhone 6や6 Plus、5Sや5cも、SIMロックの解除をしなくても利用できます。

>> mineo 紹介キャンペーン併用可!2017年11月発売の家電批評 付録がお得

auのiPhoneやiPadを使っていた場合

au VoLTEとは、4G LTE回線を利用することで、従来のスマホの通話よりも高音質になるものです。詳細はauの公式サイトで紹介されています。

・au VoLTE(au 公式サイト)
https://www.au.com/mobile/service/volte/

 

または格安SIMの「IIJmio」や「BIGLOBE モバイル」でも、au回線を利用したサービスを提供している為、iPhone 8や8 Plus、iPhone X以降の機種であれば、SIMロックを解除せずにそのまま利用することが出来ます。

>> IIJmio(アイアイジェイミオ)のクチコミ・評判やサービス内容

 

格安SIMの契約と一緒にiPhoneを購入する方法

iPhoneが格安SIMとセットで購入可能に!キャンペーンで実質15,600円~

格安SIMでもiPhoneを一緒に購入して、契約することができます。
ただ、この場合、iPhone SEやiPhone 6sなど、型式の古いiPhoneに限られてきます。

一緒に購入するメリットとしては、iPhoneを割引で購入できることや、わざわざ自分でiPhoneを用意する必要がないことになります。格安SIMの場合、毎月の料金が安くなる為、スマホの料金もなかなか安くなることがありません。

特にiPhoneは、家電量販店などでも、ほとんど割引されていないことが多いですよね。その為、iPhoneを一緒に購入することにより、格安SIMの複数年契約での割引や、初回購入での割引などを利用することで、iPhoneを安く手に入れることができるのです。

 

iPhoneを販売している格安SIM

iPhoneを一緒に購入できる格安SIMは、かなり限られます。

ソフトバンクグループの「Y!mobile(ワイモバイル)」、KDDIグループ(au)の「UQモバイル」と「BIGLOBE モバイル」の3つの格安SIMの会社になります。「楽天モバイル」もiPhoneを扱っているのですが、メーカー認定整備済み品になる為、正式には新品にはなりません。

>> 格安SIMの「楽天モバイル」でiPhoneが実質19,800円から販売開始

 

時間制限なく通話し放題にしたい場合はY!mobile

Y!mobileの10分以内通話し放題が2017年2月1日から回数無制限に

また、Y!mobileとUQモバイルの2社は、ソフトバンクとauの格安SIMブランドという位置づけになる為、全国にショップがあり、ショップでサポートしてもらえる為、SIMを自分で挿入したり、設定したりする自信がない場合には、この2社がおすすめです。ただ、その分、月額料金は、他の格安SIMに比べて割高になります。

特にY!mobileは、通常は10分通話し放題なのですが、月額1,000円のオプション料金を追加することで、時間制限なく完全に通話し放題にすることができます。例えば、月に6GB使うプランで、完全に通話し放題のオプションをつけた場合、月額4,980円で利用することができます。

>> 2017年10月からワイモバイルでiPhone 6sが発売開始。実質33,696円~

 

自分で設定はできるので、少しでも安く利用したい、という場合には「BIGLOBE モバイル」がおすすめになります。BIGLOBE モバイルは、新品のiPhone SEとiPhone 6sを扱っており、さらにドコモ回線だけでなく、au回線のサービスも提供しています。

また「エンタメフリーオプション」というオプションをつければ、YouTubeやabemaTVなどの、動画サービスや音楽サービスの視聴の際には、通信量をカウントフリーにすることができるので、ネットで動画や音楽をたくさん視聴するユーザーは、特にお得になります。

>> ついに格安SIMで新品iPhoneの取り扱い開始! BIGLOBE モバイルで実質月650円~

 

SIMフリーのiPhoneを自分で購入する場合

最後に、Apple Storeや家電量販店、中古ショップなどで、SIMフリーのiPhoneを購入する場合になります。その場合には、どの格安SIMの会社でも問題なく利用できます。

その為、自分の用途にあった格安SIMの会社を選ぶことができます。
この場合には、iPhoneはほぼ定価で購入することになるかと思います。

>> おすすめの格安SIMの比較はこちらの記事をご覧ください

 

iPhoneの初期設定の流れ

Y!mobileとUQモバイル以外で、iPhoneを購入した場合には、自分でSIMカードを差し込み、利用できるように設定をする必要があります。基本的な流れは、どの格安SIMでも同じになります。以下はIIJmioの設定方法の紹介になります。

iPhone(iOS)用のAPN構成プロファイルというものをダウンロードして、インストールします。どの格安SIMの会社でもAPN構成プロファイルが用意されていますので、それを利用するようにしましょう。

これで、格安SIMでiPhoneやiPadが使えるようになります。

 

iPhoneの記事まとめ

BIGLOBEモバイルでは、定期的にキャッシュバックキャンペーンが行われています。
その為、iPhoneも実質安く買えることがよくあるので、新規でiPhoneを購入をする場合には最適ですね。

>> iPhoneが格安SIMとセットで購入可能に!キャンペーンで実質15,600円~

 

最新のiPhone 8やiPhone Xも、格安SIM各社で動作確認をしています。

>> iPhone8やiOS11は格安SIMで使える?MVNO各社の動作確認状況

 

iPhone 8やiPhone Xなどの最新機種の場合、ドコモなどの大手キャリアは割引をかなり優遇しています。格安SIMを含めて、どのキャリアがお得に利用できるのか比較してみました。

>> iPhone 8を購入するならどこが安い?ドコモなど4社を比較してみました

 

iPhone 8が発売されて、iPhone 7などの旧機種も値下げされましたね。

>> 2017年9月 iPhone 8発売で旧iPhoneが値下げ!買うなら今がチャンス

 

iPhone の裏技・小技をまとめてみました。

>> 【iPhone7対応】iPhoneを便利に快適に使うための10の裏技・小技 まとめ

 

iPhone の画面が割れたまま使っている人を良く見かけます。
操作できなくなったらどうしますか?!

>> iPhoneの画面が割れて操作ができない!? iCloudにもバックアップしてないアドレス帳や写真は救出できる?

 

iPhone はマイクロSDカードが使えませんね。iCloudなどのクラウドサービスを利用してデータをアップすれば解決しますが、サーバに個人情報をアップするのはちょっと。。。 という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時には、USBメモリはどうでしょうか。

>> iPhoneなどスマートフォンの写真のバックアップやデータの持ち運びに最適なUSBメモリ

 

まとめ

格安SIMでも問題なくiPhoneやiPadを利用することができますが、iPhone 8やiPhone Xなどの最新機種を利用したい場合、あまり月額料金が変わらなかったりします。その場合には、大手キャリアの方がお得だったりします。

その為、格安SIMで安く利用する場合には、iPhone SEやiPhone 6sなどの旧機種をおすすめします。

この記事の著者

マメデザイン 鳥羽 >> 運営者情報

ガジェットをこよなく愛するWEBディレクター。日々、ガジェットに関する情報やスマートフォンをお得に利用する為の情報を収集しながら、WEB制作をしています。ガラケーとタブレットの2台持ちで、格安SIMはIIJmioを利用。通話し放題・月3GBのプランで、スマホ利用料は合わせて月額2,570円。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

こちらの記事も読まれています