格安SIMのmineoでiPhone 6sの取り扱いを開始!49,800円はお得なのか。。。

投稿:2018年5月14日 更新:2018年5月14日

iPhoneを格安SIMで使う手順。月4時間以内の通話なら格安SIMがお得!

この記事をかんたんに書くと…

  • 格安SIMのmineo(マイネオ)でiPhone 6sの取り扱いを開始
  • 他の格安SIMで扱っているiPhoneとの価格を比較
  • Apple StoreのiPhone 6sは32GBで50,800円。mineoのiPhoneはお得?

auとdocomoの格安SIMを提供している「mineo(マイネオ)」が、iPhone 6sの取り扱いを開始することを公式ブログで発表しました。

・海外版SIMフリー iPhone 6s 取り扱い開始について
https://king.mineo.jp/magazines/special/833

 

新品のiPhone 6s ではなく、格安SIMで取り扱いの多い「メーカー認定整備済品(海外製品)」になります。新品ではないといっても、外装やバッテリーは新品に交換されており、新品同様にメーカー保証も1年間ついているので安心です。

そんなiPhone 6sのmineoでの販売価格は、一括の場合49,800円(税抜)、分割の場合2,075円(24回)となっています。販売開始は2018年5月15日(火)からになります。

 

格安SIMでのiPhone価格の比較 

2017年10月からワイモバイルでiPhone 6sが発売開始。実質33,696円~

格安SIMでもiPhoneは問題なく使えます。
ただ、SIMの契約と一緒にiPhoneを購入できる格安SIMは限られてしまっている為、多くの場合はApple Storeや家電量販店などで、SIMフリー版のiPhoneを自分で購入することになります。

格安SIMでiPhoneを取り扱っている格安SIMでの価格を比較してみました。
格安SIMによって機種や容量がことなるので、あまり参考にはならないと思いますが、格安SIMによって価格がだいぶことなっているのが分かります。

格安SIM機種価格備考
mineoiPhone 6s 16GB49,800円(2,024円)整備済品
楽天モバイルiPhone SE 16GB41,800円(1,881円)整備済品
楽天モバイルiPhone SE 64GB46,800円(2,106円)整備済品
楽天モバイルiPhone 6s Plus 64GB72,800円(3,276円)整備済品
楽天モバイルiPhone 6s Plus 128GB79,800円(3,591円)整備済品
OCN モバイル ONEiPhone SE 16GB18,800円(950円)整備済品
BIGLOBEモバイルiPhone 6s 32GB56,400円(2,350円)新品
BIGLOBEモバイルiPhone 6s 128GB68,400円(2,850円)新品
Y!mobileiPhone 6s 32GB70,524円(2,916円)新品
Y!mobileiPhone 6s 128GB83,484円(3,456円)新品
Y!mobileiPhone SE 32GB54,648円(1,836円)新品
Y!mobileiPhone SE 128GB67,608円(2,376円)新品
Apple StoreiPhone SE 32GB39,800円(1,658円)新品
Apple StoreiPhone SE 128GB50,800円(2,116円)新品
Apple StoreiPhone 6s 32GB50,800円(2,116円)新品
Apple StoreiPhone 6s 128GB61,800円(2,575円)新品

このように、格安SIMでは、mineo、楽天モバイル、OCN モバイル ONE、BIGLOBEモバイルがiPhoneの取り扱いをしています。BIGLOBEモバイルで扱っているiPhoneは、おそらくUQモバイルと同じ商品を扱っており、au系の新品iPhoneでSIMロックがかかっています。

iPhone SEにはなりますが、「OCN モバイル ONE」で扱っているiPhoneがダントツで安くなっています。というのも「OCN モバイル ONE」では、端末の販売で利益を出すというよりも、契約をしてもらって利益を出す、というスタンスで販売しているからのようです。

>> OCN モバイル ONE(ワン) のクチコミ・評判やサービス内容

 

また「楽天モバイル」も現在は「初夏の大セール(2018年6月11日まで)」で、iPhone SEを12,700円(一括価格)で販売しています。さらに複数年契約なら最大20,000円引きにもなりますので、実質0円を通り越して、7,300円分の楽天ポイントがキャッシュバックされます(^^) 楽天モバイルでは、このようなキャンペーンで定期的にスマホが安く購入できる(新規契約のみ)のが特長です。

>> iPhone SEも一括12,700円!楽天モバイルでスマホの初夏の大セール開催中

 

mineoでiPhone 6sを購入するメリットは?

mineoでは、残念ながらスマホが安くなるようなキャンペーンは行っていません。たまに「新規契約で月額料金が3ヶ月間600円引き」などのキャンペーンを行っていますので、そういった時に契約すればiPhoneも実質割引で購入することができますね。

とはいえ、Apple Storeで販売しているiPhone 6sは新品で、容量も32GBで50,800円で販売されているのに対して、mineoでは整備品で、容量も16GBで49,800円になります。キャンペーンなどで2,000円ほど安くなったとしても、実質47,800円になるくらいです。

また、Apple Storeでも、24回の分割払いの金利手数料が0円キャンペーンがよく行われているので、分割で購入したい場合もApple Storeで手数料なしで購入できます。

・お好きなApple製品を最大24か月、分割金利0%で購入できます。(Apple 公式サイト)
https://www.apple.com/jp/shop/browse/financing

 

それをふまえると、mineoでiPhone 6sを購入するメリットはあまりないように思えます。「支払いをmineoで統一したい」「少しでも安く購入したい」という場合には、良いかもしれませんね。

 

Y!mobileならiPhone SEが実質9,800円

ワイモバイルが実質増量?!機種変更も含め月に2GBで月額2,980円から

また、ソフトバンクの格安SIMブランドである「Y!mobile」では、大手キャリアのような「スマホ端末の月額割引」が適用されます。その為、その他キャンペーンも適用すると、実質iPhoneを40,000円~50,000円近く割引で購入することができます。

これによりY!mobileなら、新品のiPhone SE 32GBが実質9,800円(税抜)で購入することができるのです。とはいえ、Y!mobileの月額料金は、他の格安SIMと比べると割高になっています。月に1GB(最初の2年間は2GB)使えて、10分通話し放題で、月額2,980円になります。

ただY!mobileは、全国にショップがあるので、ショップでサポートを受けられるというメリットがあります。最近では全国のソフトバンクショップで、Y!mobileの扱いをしているショップもあるようですね。

さらに、ほとんどの格安SIMでは、12時~13時のお昼の時間帯や、18時~19時などの回線が混雑するような時間帯は、速度が著しく遅くなってしまいます。Y!mobileでは、そのようなことがなく、速度が安定している点もメリットとなっています。

もう一つのメリットは「キャリアメールが使える」という点になります。ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアでは、迷惑メール対策として「キャリアメールのみ受信する」というような設定になっていることがあり、Y!mobileで使えるメールは「キャリアメールとして扱われる」のです。

>> Gmailでドコモ等にメールが届かない。キャリアメールを500円で取得する方法

 

その為、「格安SIMから大手キャリアにメールを送信しても届かない」というようなことが良くあるのですが、Y!mobileであれば、そういったことは起こりません。月額料金は割高ではありますが、色々とメリットがありますね。

>> Y!mobile(ワイモバイル)のクチコミ・評判やサービス内容

 

まとめ

mineoで取り扱われるiPhone 6sは、価格的にはそんなにお得ではありません。ただ、格安SIMでも普通にiPhoneが利用できるにも関わらず、格安SIMでiPhoneを取り扱うことで「iPhoneが使える」と認識するようなユーザーも多い気もします。

今は「メーカー認定の整備済品」ですが、そのうち新品の取り扱いをしてくれることを期待したいですね!

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)