人気のHUAWEI P10 liteが半額セールで13,333円!2018年2月20日まで

投稿:2018年2月16日 更新:2018年2月16日

人気のHUAWEI P10 liteが半額セールで13,333円!2018年2月20日まで

この記事をかんたんに書くと…

  • 格安SIMのNifMoでスマホが最大50%OFFになる5日間限定のタイムセール実施中
  • 人気のスマホ「HUAWEI P10 lite」が50%OFFの13,333円
  • NifMoを利用しているユーザーも機種変更で利用できるので大変お得

格安SIMのNifMo(ニフモ)が、本日(2018年2月16日)より5日間限定のタイムセールを開始しました。なんと、人気の「HUAWEI P10 lite」が、13,333円(税抜)で購入できます!しかも新規契約だけでなく、NifMoを利用しているユーザーも対象になるので、機種変更を考えているユーザーにとっても嬉しいセールですね。

他にも3種類のスマホが最大50%OFFのタイムセール対象となっています。
格安SIMを検討中のユーザーも、すでにNifMoを利用しているユーザーも、この機会にスマホを安く購入するチャンスですね。数量限定なので、急ぎましょう!

>> NifMo の詳細はこちら

 

対象のスマホが最大50%OFF

NifMoのタイムセールでは、以下の4種類のスマホがセール対象となっています。

NifMoのタイムセールでは、以下の4種類のスマホがセール対象

割引き前の価格は、NifMoでの販売価格なので、50%OFFといっても実際にはそんなに安くなってないこともあるのですが、今回のセール対象のスマホは、どれも割引き前の価格は市場価格とほぼ同じなので、本当に安く購入できそうです。

 

タイムセールの適用条件

タイムセールでスマホを安く購入する為の条件は、そんなにありません。
NifMoを新規で契約する場合には、「音声通話SIMでの契約が必要」ということくらいでしょうか。NifMoでは、音声通話SIMは7ヶ月間の最低利用期間があります。7ヶ月以内に解約した場合には8,000円の解約違約金が発生します。特に普通に利用していれば問題ありませんので、気にする内容ではなさそうですね。

すでにNifMoを利用していて機種変更のユーザーは、特にこれらの制約はなさそうです。

また、新規契約のユーザーで、「モトローラ Moto G5s Plus」を購入する場合には、月額380円の「NifMo あんしん保証」の契約が必要になります。必要でなければ、契約後にオプションをはずせば良さそうですね。また、機種変更の場合には「あんしん保証」の契約は必須ではないようです。

適用条件はこれくらいですので、本当に気軽にタイムセールを利用できそうですね。

 

NifMoとは、どんな会社?

といっても、格安SIMを初めて利用するユーザーにとっては、契約する会社がどんな会社か気になるところですよね。「NifMo」は家の固定回線のインターネットプロバイダーでお馴染みの、Niftyが運営している格安SIMになります。通信大手になりますので、その辺は安心ですね。

また、利用している回線はドコモの回線になります。
つまり、利用できるエリアは、ドコモと全く同じになります。利用するスマホによって、若干エリアが変わってくるので注意が必要です。また、通話品質もドコモと同じになります。

ただ、通信速度に関しては、格安SIMということで、ドコモよりは遅くなります。特にお昼や夕方から夜にかけての、回線が混みあう時間帯には結構遅くなりますので、通信速度が気になるユーザーは、まずはデータ専用SIMで契約して、SIMだけ差し替えて試してみると良いかと思います。

 

NifMoの料金プラン(7GBプランがお得!)

そして気になる料金プランですが、他の格安SIMとほとんど変わらないのですが、月額1,600円(データ通信プラン)で7GBの大容量が使えるのがポイントです。一番安い3GBのプランでは心もとない場合、プラス月額700円で7GB利用できれば安心ですね。

以下はNifMoのデータ通信専用の料金プランになります。

NifMoのデータ通信専用の料金プラン

 

そしてこちらが、通話もできる音声通話SIMの料金プランになります。
今までのスマホと同じように利用したい場合には、こちらを契約することになります。

通話もできる音声通話SIMの料金プラン

基本的には、音声通話SIMの料金プランは、データ通信専用プランに700円追加した料金となっています。

 

通話料は半額。月額830円で10分かけ放題

通話料は半額。月額830円で10分かけ放題

そして、格安SIMの世界では、もう当たり前になっていますが、専用のアプリを利用することで通話料は半額になります。つまり、ドコモなどの大手キャリアでは、20円/30秒が普通ですが、ほとんどの格安SIMでは、専用のアプリを使うことで通話料が10円/30秒になります。

安い分、若干通話品質は、昔の携帯電話のようになりますが、問題なく通話できるレベルです。また、オプションで月額830円を支払うことで、「10分かけ放題」のサービスも利用することができます。こちらの音声通話定額サービスも、格安SIMではだいぶ当たり前になってきました。

>> 【2017年最新版】格安SIMで通話定額を利用するならどこがオススメ? 

 

ドコモなどの大手キャリアでも、5分かけ放題のプランはありますが、5分を超えた分の通話料は20円/30秒になります。NifMoを含む格安SIMなら、10分を超えた分の通話料は10円/30秒ですむので、その点でもかなりお得ですよね。

 

その他の充実したサービスやオプション

その他の充実したサービスやオプション

他にも、アンケートでポイントを貯めたり、食事やショッピングなどの割引が利用できる「NifMoバリュープログラム」や、データ通信量の節約に役立つ、有料のWi-Fiスポット「NifMoコネクト」を無料で使えたりします。

また、スマホの保証のオプションや、スマホの使い方が分からない場合でも訪問レクチャーしてもらえるオプション、スマホのセキュリティのオプションなど、オプションサービスも充実しています。

以前は、スマホの写真をプリントし放題、といったサービスもあったのですが、こちらの「NifMoプリント」は2017年11月30日で終了してしまいました。残念。。。

 

まとめ

NifMoは、以前は少々割高なイメージがあったのですが、最近ではだいぶお得に利用できるようになりました。しかも、今回のタイムセールのような、機種変更時にもスマホの割引が適用される格安SIMでは、他にはなかなかないと思います。可能であれば、新規契約時にスマホを安く買えるだけでなく、機種変更時にもスマホを安く購入したいところですよね。

人気の「HUAWEI P10 lite」が、50%OFFで購入できる、5日間限定の「タイムセール」は、2018年2月20日(火)までになります。台数も限られているようなので、早めに購入した方が良さそうですね!

>> NifMo の詳細はこちら

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)