AQUOS sense3 lite レビュー。楽天モバイル UN-LIMITで実質2,980円!

投稿:2020年7月23日 更新:2020年7月23日
ブログランキング・にほんブログ村へ

AQUOS sense3 lite レビュー。楽天モバイル UN-LIMITで実質2,980円!

この記事をかんたんに書くと…

  • ポイント還元を利用すると、「AQUOS sense3 lite」が実質2,980円で購入できる
  • データ通信使い放題、通話もし放題のRakuten UN-LIMITも1年無料(先着300万人)
  • 防塵・防水、おサイフケータイ搭載、バッテリー持ち1週間でAnTuTuスコアも11万超え

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITで、最大26,300ポイントのポイント還元キャンペーンが始まりました。対象のスマホを同時に契約することで、最大で26,300ポイントが還元されます。これにより、なんとシャープのスマホ「AQUOS sense3 lite」が実質2,980円、オッポのスマホ「OPPO A5 2020」が実質0円で購入できるのです。

「OPPO A5 2020」は前回のキャンペーンで、私は実質16,300円で購入しました。しかし、今回のキャンペーンだと、実質0円になるので、羨ましいですね。。。

>> OPPO A5 2020 レビュー。カメラ性能が重視されたコスパの良いスマホ

 

今回、レビューをするシャープのスマホ「AQUOS sense3 lite」は、AnTuTu ベンチマークスコアが11万超えのミドルレンジスマホになります。ストレージは64GBでメモリも4GBなので、ほとんどのアプリはサクサクと動作して、さらに防塵・防水おサイフケータイも搭載!これで実質2,980円は、かなりの掘り出し物ですね。。。

 

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは1年無料

 楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは1年無料

「AQUOS sense3 lite」は楽天モバイル専用で販売されているスマホなのですが、ドコモの回線でも使えるSIMフリースマホとなっています。また、Rakuten UN-LIMITは月額2,980円でデータ通信使い放題通話もし放題が特長の、楽天のサービスになります。最近では、某有名女優が「全国で使い放題!」とCMでも宣伝していますよね。

ただ、データ通信が使い放題になるのは楽天回線のみ。2020年7月23日現在、楽天回線が使えるのは、“全国”とは程遠い、ほんの一部の地域になります。少々、誇大広告ではないか、と心配になるほどの狭さです(^^;

>> 楽天モバイルの対象エリア(楽天モバイル「UN-LIMIT 2.0」レビュー。月5GBに増量されてお得に)

 

「それでは使い物にならない」と思ってしまいますが、楽天回線が使えない地域では、au回線が使われる為、電波が入らないという心配はありません。au回線を使う場合には、月5GBまでの高速通信が使えるようになっています。もちろん、「Rakuten LINK」というアプリを使うことで、通話も楽天回線と変わらず、通話し放題なので安心です。

楽天モバイルは、サービスが始まったばかりなので、ユーザーを増やさなければなりません。このような状況もあり、なんと先着300万人までは、月額利用料が1年無料!というキャンペーンを行っているのです。これに加えて、最大26,300ポイントのポイント還元キャンペーンを使うことにより、「AQUOS sense3 lite」や「OPPO A5 2020」が実質0円で購入出来るという。。。 使わない手はありませんね。

参考までに、楽天モバイルはいつでも解約できます。例えば、1年間で解約したとしても違約金などは発生しません。スマホも一括で購入してしまえば、割賦の支払いが続く、なんてこともありませんので安心ですね。ただ、MNPで契約した際には、MNP転出手数料が発生しますので、その点は注意が必要です。

・[Rakuten UN-LIMIT] いつでも解約できますか?解約方法・解約料について知りたい(公式サイト)
https://network.mobile.rakuten.co.jp/faq/detail/00001544/

 

ポイント還元で実質0円になる内訳

ポイント還元で実質0円になる内訳

最大26,300ポイントの内訳を見てみましょう。対象のスマホはいくつかありますが、「AQUOS sense3 lite」と「OPPO A5 2020」は最大の20,000ポイントが還元されるスマホになります。その他に「オンライン申し込み+Rakuten Link」の利用で3,000ポイント還元、「Rakuten Link」の利用で3,300ポイント還元されるので、合計で26,300ポイントの還元ということになります。

Rakuten UN-LIMITを契約する際には、事務手数料の3,300円(税込)が発生します。「AQUOS sense3 lite」の機種代金は25,980円(税込)、「OPPO A5 2020」の機種代金は22,020円(税込)ですので、Rakuten UN-LIMITを契約する際に発生する料金は、「AQUOS sense3 lite」は29,280円(税込)、「OPPO A5 2020」は25,320円(税込)になります。

これにより、「AQUOS sense3 lite」は実質2,980円、「OPPO A5 2020」は実質0円で購入できるということになるのです!

 AQUOS sense3 liteOPPO A5 2020
契約事務手数料3,300円
月額料金3,278円 → 1年間0円
スマホ25,980円22,020円
ポイント還元-26,300円
合計実質2,980円実質0円

 

「AQUOS sense3 lite」の同梱品

というわけで、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITの申し込みをしてから、2日程でスマホとSIMが送られてきました。こちらが、「AQUOS sense3 lite(SH-RM12)」のパッケージになります。

というわけで、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITの申し込みをしてから、2日程でスマホとSIMが送られてきました。こちらが、「AQUOS sense3 lite(SH-RM12)」のパッケージになります。

 

「AQUOS sense3 lite」の同梱品は、スマホ本体の他に「USB Type-Cケーブルの充電器」「クイックスタートガイド」が付属していました。外国のメーカで付属しているような、クリアケースやイヤフォンは同梱されておらず、スマホの画面にも保護フィルムは貼ってありませんでした。

保護フィルムくらいは貼っておきたいですよね。楽天モバイルで申し込み時に、専用の保護フィルムも1,400円程度で購入できるので、一緒に購入しておくと安心だと思います。

「AQUOS sense3 lite」の同梱品は、スマホ本体の他に「USB Type-Cケーブルの充電器」「クイックスタートガイド」が付属していました。外国のメーカで付属しているような、クリアケースやイヤフォンは同梱されておらず、スマホの画面にも保護フィルムは貼ってありませんでした。

 

また、前回もそうだったのですが、「Rakuten Link」をアクティベーションする際に、SMSが届かず認証できませんでした。どうやら、SIMを使いだしてからすぐには、アクティベーションはできないようで、数時間してから再度「Rakuten Link」を起動したら、自動的に電話番号が表示され、無事にSMSも届き認証は完了しました。

もし、SMSが届かない為「Rakuten Link」の認証が出来ない、というような場合には、数時間待ってみてから改めて認証(アクティベーション)を試してみましょう。

 

「AQUOS sense3 lite」の外観

スマホのカラーは、ブラック、シルバーホワイト、ライトカッパー(ピンクのような色)の3色展開となっています。今回はライトカッパーを購入しました。本体はアルミボディで、なかなか重厚感があります。また、バッテリーは4,000mAhが搭載されており、省エネのIGZOディスプレイとの相乗効果で1週間の電池持ちを実現したとのこと。使用頻度にもよりますが、実際には2日程度で充電は必要になります。

本体の右側面には音量ボタンと電源ボタン。

本体の右側面には音量ボタンと電源ボタン。

 

本体の左側面にはnanoSIMとmicroSDカードのスロットが配置されています。

本体の左側面にはnanoSIMとmicroSDカードのスロットが配置されています。

 

スマホのSIMを挿入スロットは、ほとんどがピンなどを差し込んで取り出すタイプなのですが、こちらは珍しく爪を引っかけて引き抜くタイプとなっています。ピンがなくても、いつでもトレイを開閉できるのは嬉しいですね。(あまり開閉する機会はないと思いますが。。。)

スマホのSIMを挿入スロットは、ほとんどがピンなどを差し込んで取り出すタイプなのですが、こちらは珍しく爪を引っかけて引き抜くタイプとなっています。ピンがなくても、いつでもトレイを開閉できるのは嬉しいですね。(あまり開閉する機会はないと思いますが。。。)

 

本体の底面には、マイクロフォン/ヘッドフォンとUSB Type-Cがあります。コンボジャックは上部に配置されています。また、防水の為か、スピーカーの穴は開いていません。

本体の底面には、マイクロフォン/ヘッドフォンとUSB Type-Cがあります。コンボジャックは上部に配置されています。また、防水の為か、スピーカーの穴は開いていません。

 

指紋認証も、最近では背面に配置されているスマホが多いのですが、「AQUOS sense3 lite」ではディスプレイの下部に配置されています。片手でスマホを持っている場合には、人差し指だと認証がし辛いので、親指を登録する必要がありますね。

指紋認証も、最近では背面に配置されているスマホが多いのですが、「AQUOS sense3 lite」ではディスプレイの下部に配置されています。片手でスマホを持っている場合には、人差し指だと認証がし辛いので、親指を登録する必要がありますね。

 

最近のスマホに多い、ノッチはありません。そういう意味では、少し前のスマホのように感じてしまいます。

最近のスマホに多い、ノッチはありません。そういう意味では、少し前のスマホのように感じてしまいます。

 

AnTuTu ベンチマークスコアは114546(v8)

「AQUOS sense3 lite」の起動直後のストレージの使用容量は19,17GBになります。合計で64GBなので、44.83GBが空いていることになります。アプリをたくさんインストールする場合、写真や動画をたくさん撮ることが多い場合、音楽や映像などを入れたりすることが多いような場合には、44GBなんてすぐにいっぱいになってしまいますので、microSDを別途購入すると安心かもしれませんね。最大で512GBまで対応しています。

「AQUOS sense3 lite」の起動直後のストレージの使用容量は19,17GBになります。合計で64GBなので、44.83GBが空いていることになります。

 

AnTuTu ベンチマークスコアは、AnTuTu Benchmarkのバージョン8.4.3で計測したところ、114546でした。最近のスマホではミドルレンジ程度のスペックになります。また、実質0円で購入出来る「OPPO A5 2020」は171602ですので、OPPOの方がスコアとしては良くなります。ただ、日本のメーカーであることや、防塵・防水、おサイフケータイ搭載などを重視するなら「AQUOS sense3 lite」になりますね。

AnTuTu ベンチマークスコアは、AnTuTu Benchmarkのバージョン8.4.3で計測したところ、114546でした。

 

カメラの性能は可もなく不可もなくといったところ

次にカメラの性能を見てみたいと思います。実際の写真が分かるように補正はしていません。
「AQUOS sense3 lite」のメインカメラにはAIが搭載されており、被写体やシーンを自動的に検知して、最適なモードで撮影されるようになっています。最近のスマホでは、2眼や3眼のものが多いですが、「AQUOS sense3 lite」は1眼となっており、少々物足りなさは否めません。メインカメラが1,200万画素、インカメラは800万画素となっています。

まずは雨の日の屋外で、植木を撮影してみました。

まずは雨の日の屋外で、植木を撮影してみました。

 

綺麗に撮影されていますね。
100%表示で確認してみても、それなりに輪郭もしっかりとしています。

綺麗に撮影されていますね。 100%表示で確認してみても、それなりに輪郭もしっかりとしています。

 

今度は接写で撮影してみます。
スマホのカメラだと、接写は出来ない機種が多いのですが、結構近くまで寄っても撮影できました。

今度は接写で撮影してみます。 スマホのカメラだと、接写は出来ない機種が多いのですが、結構近くまで寄っても撮影できました。

 

100%で見ると、さすがに輪郭がぼんやりとしていますね。

100%で見ると、さすがに輪郭がぼんやりとしていますね。

 

次は室内で料理を撮影してみました。
カメラが自動的に料理の撮影と判断し、料理シーンのモードになりました。通常と比べると色味が濃くなっているようです。

次は室内で料理を撮影してみました。 カメラが自動的に料理の撮影と判断し、料理シーンのモードになりました。通常と比べると色味が濃くなっているようです。

 

薄暗い室内でも、それなりに撮れていますね。

薄暗い室内でも、それなりに撮れていますね。

 

最後にポケモンのイーブイのぬいぐるみがあったので、室内で撮影してみました。

最後にポケモンのイーブイのぬいぐるみがあったので、室内で撮影してみました。

 

少し滲んでしまっていますが、ぬいぐるみの表面の毛がそれなりに再現されています。

少し滲んでしまっていますが、ぬいぐるみの表面の毛がそれなりに再現されています。

 

まとめ

名前に「lite」が付くだけあって、色々とスペックが削ってあったり、デザインが一昔前のようであったりしますが、しっかりと普段使いの出来るスマホになっています。楽天モバイルでは通常は23,000円程度ですが、これが実質2,980円で購入できるなら、かなりお得と言えるのではないでしょうか。

さらにRakuten UN-LIMITが、1年は無料(先着300万人まで)で使えるので、MNPはせずに新規で契約をして、お試しで使ってみるのも良いかもしれませんね。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)