2018年2月末で「楽天でんわ かけ放題」サービスが終了。3月以降は電話に注意!

投稿:2018年2月1日 更新:2018年2月2日

2018年2月末で「楽天でんわ かけ放題」サービスが終了。3月以降は電話に注意!

この記事をかんたんに書くと…

  • 楽天モバイルの時間無制限かけ放題の「楽天でんわ かけ放題」が2月28日で終了
  • 3月1日からは10円/30秒の従来の従量制プランになってしまう
  • 利用していたユーザーは、契約解除料およびMNP転出手数料が免除になる

楽天モバイルで、時間の制限なくかけ放題になるサービス「楽天でんわ かけ放題」を利用している方は注意が必要です。こちらのサービスは2018年2月28日の23時59分で終了してしまうことになりました。すでに新規申込の受け付けは停止されています。

・楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/option/unlimited_call/

 

これにより3月1日からは、従来の通話時間の分だけ料金(10円/30秒)がかかるプランに変更されてしまいます。お知らせメールは配信されているようですが、もし気づかずに「かけ放題」だと思って電話をしていたら、とんでもない通話料の請求が。。。 なんてことにもなりかねませんよね。※「5分かけ放題」は、引き続き利用できます。

楽天モバイルの時間制限なくかけ放題になるサービス「楽天でんわ かけ放題」は、2017年4月に開始されました。つまり1年も経たないうちに、サービスが終了してしまうことになります。

>> 格安SIMでも通話し放題!月に3.1GB・通話し放題で月額3,980円

 

契約解除料およびMNP転出手数料が免除

格安SIMでも通話し放題!月に3.1GB・通話し放題で月額3,980円

「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」は、オプション料金の月額2,380円を利用することで、時間に制限なく誰とでも通話し放題になるサービスです。IP電話ではなく、通常の電話回線が使われている為、音質も悪くならないことがメリットでした。

「楽天でんわ かけ放題」を利用することで、月に3.1GBの高速通信が利用できて、料金は基本料金を合わせて月額3,980円だったので、大手キャリアと比べると半額近くで通話し放題が利用できる為、とても貴重なサービスでした。

時間制限なく通話し放題を目当てで、楽天モバイルにMNPしたユーザーや、新規で契約したユーザーにとっては、1年も経たないうちにサービスが終了してしまうなんて、とんでもない話ですよね。。。

ということで、2018年1月31日(水)時点で「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」を契約していたユーザーには、楽天モバイルの契約解除料およびMNP転出手数料が免除になる措置をとるようです。免除になる期間は2018年2月1日(木)0:00から2018年12月31日(月)23:59となっています。

とはいえ、スマホなどの端末を、2年などの分割で購入している場合には、楽天モバイルを解約しても、端末の支払いは続きますので注意しましょう。

 

楽天モバイルの代わりになる格安SIM

楽天モバイルの代わりになる格安SIM

それでは「通話し放題」を利用する為には、どこにMNPをすれば良いのか。
せっかく、大手キャリアを解約して、月額料金を安く抑えることができる格安SIMにMNPしたのですから、格安SIMを引き続き利用していきたいですよね。

というわけで、格安SIMで、時間の制限なく通話し放題になるオプションがあるのは。。。 「Y!mobile(ワイモバイル)」になります。ワイモバイルなら、楽天モバイルと比べると割高になってしまいますが、月額3,980円から時間制限なく通話し放題を利用することができます。

それでは、ワイモバイルの詳細を見ていきましょう。

>> Y!mobile(ワイモバイル)のクチコミ・評判やサービス内容

 

「Yahoo!プレミアム」や「雑誌・マンガ読み放題」が無料

ワイモバイルは、ソフトバンクの運営する格安SIMブランドになります。
その為、スマホを利用する際の電話回線は、ソフトバンクの回線を利用することになり、電波の提供範囲もソフトバンクと同じになります。

ソフトバンクではありますが、残念ながら「スーパーフライデー」の対象にはなりません。ただ、Yahoo!プレミアム(月額462円)が無料で利用できるサービスは対象になります。これにより「雑誌・マンガ読み放題」のサービスを利用できるのは嬉しいですね!

>> ソフトバンクやワイモバイルユーザーは漫画や雑誌が無料で読み放題に!

 

ワイモバイルの料金プラン

それでは、料金プランを見てましょう。
ワイモバイルの料金プランは、とてもシンプルです。

ワイモバイル(Y!mobile)の料金プラン

スマホを利用する場合、上記のような3つの料金プランになります。
(ガラケーを利用する場合には、もう少し別のプランが用意されています)

また、上記のプランには「10分かけ放題」がついていますので、通話もそれなりに安く利用することができるようになっています。

一番安いプランの場合、月額1,980円のように見えますが、実際には新規契約(またはMNP)から1年間の料金になりますので、基本的には月額2,980円から、ということになります。月2GBとなるのも、最初の2年間だけです。

つまり、3年目からは月1GBで月額2,980円(スマホプランS)、月3GBで月額3,980円(スマホプランM)、月7GBで月額5,980円(スマホプランL)になります。もし、家族でワイモバイルを契約する場合、2回線目以降は、月額500円の割引を受けることができます。ただ、大手キャリアのように、家族間の通話が無料になるようなサービスはないので注意しましょう。

 

プラス1,000円/月で時間制限なく通話し放題

プラス1,000円/月で時間制限なく通話し放題

ワイモバイルでは、上記の料金に月額1,000円のオプション(スーパーだれとでも定額)をつけることで、時間の制限なく通話し放題になります。つまり、楽天モバイルの時のように、月3GBを利用しようと思ったら、月額4,980円で時間制限なく通話し放題を利用できることになります。楽天モバイルでは、月額3,980円で利用できたので、1,000円高くなってしまいましたね。

他にもワイモバイルでは、月額500円のオプション(データ容量2倍オプション)をつけることで、高速通信の容量が2倍になるサービスもあります。つまり、月2GBで月額3,480円(スマホプランS)、月6GBで月額4,480円(スマホプランM)、月14GBで月額6,480円(スマホプランL)ということになります。

月に2GBで良ければ、月額4,480円で時間制限なく通話し放題を利用できるので、500円の増加だけですむことになります。

 

ワイモバイルでは新品のiPhoneも扱っている

iPhoneを格安SIMで使う手順。月4時間以内の通話なら格安SIMがお得!

ワイモバイルでは新品のiPhone SEやiPhone 6sも一緒に購入することができます。しかも、大手キャリアのように端末(iPhone)の割引もされるので、スマホを安く購入することもできるのもメリットです。

ただ、ワイモバイルで扱うiPhoneは、少し世代の低い機種のみとなっています。大手キャリアであれば、iPhone 8やiPhone Xも購入できるところですが、ワイモバイルではそれらの最新の機種は取り扱っていません。その為、最新のiPhoneを利用したい、という場合にはワイモバイルは向いていないことになります。

逆に言えば、少し前の機種でも良ければ、ワイモバイルは安く利用できて、さらにはショップでのサポートも受けられるというメリットもあります。格安SIMの場合、設定なども自分で行わなければならない為、あまりスマホに詳しくない場合には、少し割高でもワイモバイルをおすすめします。

 

まとめ

楽天モバイルの「楽天でんわ かけ放題」が終了してしまうのは、残念でなりません。楽天モバイルは最近、第4の大手キャリアとして名乗り出た為、色々と将来を見据えてサービスの整理をしているのでしょうね。

時間制限なく通話し放題を利用したい場合には「ワイモバイル」、10分通話し放題でよければ「IIJmio」などがおすすめです!

>> Y!mobile(ワイモバイル)のクチコミ・評判やサービス内容

>> IIJmio(アイアイジェイミオ)のクチコミ・評判やサービス内容

 

この記事の著者

マメデザイン 鳥羽 >> 運営者情報

ガジェットをこよなく愛するWEBディレクター。日々、ガジェットに関する情報やスマートフォンをお得に利用する為の情報を収集しながら、WEB制作をしています。ガラケーとタブレットの2台持ちで、格安SIMはIIJmioを利用。通話し放題・月3GBのプランで、スマホ利用料は合わせて月額2,570円。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

あわせて読みたい

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)